あなたは、FXで、エントリー後に、自分が思っていた方向と逆に動くことで悩んでいませんか?

FXトレーダーのほぼすべての方が体験すること。
それが、「エントリーをした後、自分の意図とは違った反対の方向にレートが動いてしまう」という体験です。

私も初心者の頃、エントリーしたら予想と逆に動くという経験を、数え切れないぐらい体型しました。
10回トレードをしたら10回すべてが逆に動いてしまう経験をしたことが何度もあります。(笑)

「上がると思ってエントリーしたら、下がり。。。」
「下がると思ってエントリし-たら、上がり。。。」

まるで、「誰かが操作をしているのでは?」と思うほどに、見事に予想が外れてしまい、打ちのめされているという方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

トレードをすればするほど、負けが増えるばかりで、とても悔しいし腹立たしいと感じているかもしれませんね。

たとえ、エントリーと逆に動く体験をしていても、あなたなら大丈夫です。

「逆に動いて損をしてしまう」という経験を繰り返しながら、だんだんと、正しいエントリーポイントを身体で覚えられるようになっていくことができます。つまり、あまり実感をしていないと思いますが、損をする体験をしながら、技術が少しずつ高まっているのです。

自転車に乗れるようになるためには、何度も転んだりして痛い目にあう必要があることと同じように、勝てるトレーダーになるためには、「逆に動く」という失敗経験をつむことも必要になります。

実は、損ばかりしてどうしようもないと思っているような経験を繰り返しながらも、体験的な学習をすることができており、勝てるトレーダーへの道を進んでいるのです。

だから、現状で、自分の思いとは逆に動くことを体験していても、全く問題ありません。むしろ、自分は負けながらも、成長していると思いたいものです。

なお、、、

少しでも早く、狙った方向に動くようなエントリーをしたいという方へ、効率的なトレード方法を説明させていただきます。
これから説明させて頂く内容を理解して頂き、練習&実践を繰り返せば、高い確率でエントリーした方向に動くトレードをすることができるようになります。

では、、、

なぜ、FXでは、エントリー後に、反対の方向に動くのか?、また、エントリーした方向に動きやすくなるトレード手法について、説明をさせて頂きますね。

逆に動く理由:チャートを読み取れていない。でも、大丈夫。慣れてくれば、読めるようになります!

7309962
あなたの予想が外れて、逆に動いてしまうのは、一言で言いますと、チャートを読み取る力が不足しているということです。

チャートを読み取るとは・・・

・今はトレンド相場なのか、レンジ相場なのか
・注目ポイント(前回安値/高値・移動平均線/ボリンジャーバンドとの接点など)との距離
・00ポイント(ドル円・ポンド円・ユーロ円の場合、たとえば、110.00,111.00というように、下一桁/二桁が00になる箇所は、非常に注目されるポイントになりやすい。抜けにくく、抜ければ、一気に、動く可能性が高い)
・小さな時間足(5分,15分,30分,1時間)だけでなく、大きな時間足(4時間,日足)もチェックしているか
・ロウソク足の状況(長さ、陽線・陰線、ヒゲ)

これらを瞬時に確認できるようになることです。

特に、トレード経験が1年未満の初心者は、チャートを過去に見た総閲覧時間が少ないので、過去の記憶から推測することができずに、チャートを読み取ることがうまくできないことが多々あります。

繰り返し、長期間、チャートを見ていると、

「今は、トレードする段階であるのか?それとも、まだ、待つべきか?」
「現状は、上がるか?下がるか?上がりも下がりもしないのか?」
「どこのポイントに達したら、エントリーすべきか?」
「どこのポイントに達したら、利食いすべきか?」
「どこのポイントに達したら、損切りすべきか?」

というのがわかるようになります。

チャートを読む力/環境認識ができるようになれば、高い確率で、勝てるようになりますし、負けにくくなります。

チャートの理解/環境認識はFXトレードの基本中の基本になりますので、「FXチャートマニア」と言われるぐらいまで、何度もチャートを見て、エントリーやエグジットのタイミングが瞬時にわかるようにしてください。

実際には、繰り返しトレードを行うことで、エントリーをしたら駄目なポイントが体感的にわかるようになりますが、より効率よくチャートを読み取るようになりたいなら、自分のエントリーしたポイント一つ一つを記録に残すようにしましょう。

記録した内容を何度もチェックし、検証を繰り返すことで、だんだんと「エントリーを失敗した理由」「エントリーをしてはいけない箇所」「エントリーしたほうが良い箇所」が頭&身体で理解できるようになります。

そうなれば、エントリーした方向に、高い確率でレート(値)が動くようになるでしょう。

なお、、、

実際に、どんな場面で、エントリーすると、逆に動くことになりやすいのか、具体例を二つほど紹介しましょう。

反対に動くのは、どんな場合が多いのか?:①よくわからない箇所でエントリーをしている!

361747

上がるか下がるかよくわからない、はっきりしていない場面でのエントリーは、逆に動くことになりやすいです。

たとえば、下記のチャート。

a

この場面は、相場が膠着(こうちゃく)しており、上下の変動があまりない、レンジ相場の状況です。
陽線・陰線がそれぞれ代わる代わる出ている感じになっており、陽線と陰線、どちらの線にも優位性を感じることができません。

次に、陽線がでるのか、陰線がでるのか、上がるのか、下がるのか、全くわからないです。

このような場面でエントリーしてしまうと、予想が外れて、逆に動くことが多いです。

できれば、下記のような、チャート場面でエントリーしたいです。

b

この場面は、上昇傾向が続いているトレンド相場です。
陽線が多く、陰線は少ない。
陽線に勢いのある相場です。
このような相場では「上がる」ことを予想して、エントリーをすれば、逆に動くことはあまり少なくなります。

最初に紹介したチャートと比べると、明らかに、こちらの相場のほうが予想がしやすいです。
特に、初心者は、このような、上がるか下がるかがはっきりしている場面で、エントリーすることをおすすめします。

反対に動くのは、どんな場合が多いのか?:②勝敗がついていない場面でエントリーをしている

296510
FXは、完全なバーチャルの世界でありますが、実際には、各トレーダーとの心理戦が行われています。

「上昇して欲しい!」側と「下降をして欲しい!」側の戦いが行われているのです。

もちろん、あなたがエントリーをする場合は、あなたの思った方向に動いてもらうためにも、あなたと同じ考えをもっている方たちに勝ってもらわないといけません。

特に、前回安値/高値などのチャートポイントにおいては、その心理戦が激しくなります。
上昇する側/下降する側は、まだまだ争っている段階で、どちらに動くかはっきりしない場面では、エントリーをしないほうが良いです。
この戦いが決着する前に、エントリーをしてしまうと、予想とは逆に動いてしまい、損をすることが多々あります。

もっとも望ましいのは、上がることを期待する側と、下がることを期待する側の勝敗がはっきりした後に、エントリーすることです。

たとえば、下記のチャート

828

黒◯のヒゲがでている箇所では、前回安値を抜けたため、「下がる可能性が高い!」と思って、エントリーをしてしまう方がたくさんいます。
エントリー後は、押し戻されて、逆に動いてしまい、損切りをすることになってしまいます。

この黒◯の時点では、前回安値を抜けたのは、短時間だけで、まだ完全に抜け切れていないと言えます。
このように、勝ち負けが決定していない状況、上下どちらに進むかがわかりにくい場面でのエントリーはしないほうが良いです。
無理にエントリーをしてしまうと、逆に動いてしまい、損することになってしまいます。

より高い確率で勝つためにも、もう少し待って、完全に抜けきった後、下がることを期待する側が勝ったことを確認後、エントリーしたほうが良いです。

たとえば、以下の場面。

d

青◯の箇所、これは完全に前回の安値を抜けていますので、勝ち負けがはっきりしています。
この場面は、売る側が買う側に勝利をした状況になっていますので、売りでエントリーすると、高確率で勝ちやすいです。

このように、売り側もしくは買う側の勝敗がはっきりとついたあと、明らかに、上昇する、もしくは、下降するであろうと自信をもって、トレードできる場面でエントリーをすることが大切です。

勝敗が決定していれば、自分の思った方向通りにレートが動きやすくなり、勝ちやすくなります。

以上が、エントリーをした場合に、逆に動いてしまう場合の事例でした。
他にも逆に動く事例はたくさんありますが、今回は、わかりやすい例を2つ紹介させていただきました。

逆に動いてしまうことを避けるためには、チャートを何度も見て学習をしたり、自分のエントリーを見直す作業がいちばん大切ですが、下記の対応方法を行うことでも、大きな成果を得やすくなるでしょう。

「どうしても、エントリー後、逆に動いてしまう」場合の対応法をまとめますと、、、、

1.わかりやすい相場でのみエントリーをする

上昇相場、もしくは、下降相場のように、誰が見ても、「上がっている」もしくは「下がっている」か、はっきりとわかる場面でのみエントリーをすること。

2.勝ち負けの勝敗がついてからエントリーをする

FX市場は「買い手」「売り手」の綱引き合戦が行われています。
過去に何度も支えられていた箇所(支えられいたサポートライン、もしくは、抵抗となるレジスタンスライン)をはっきりと抜けて、買う側と売る側の勝敗がはっきりとついてから、エントリーをすること。

これらを意識するだけで、エントリーをしたら、予想通りになる確率がかなり高まります。
何度も練習/検証して、最低でも6-7割以上は、思った通りに動くようになることを目指してくださいね。

なお、、、

さらに高確率で、自分が予想したとおりに動いてほしいなら、「勝ちやすい基本的なトレード手法」を徹底して勉強するようにしましょう。

下記のページでは、「無料」でトレード手法を学べる教材を紹介しています。
無料ですが、高額な有料教材並のトレード手法を学ぶことができます。

本気で取り組んで、習得することができれば、予想通りのトレードが自然とでき、FXで稼ぐのが容易になってきます。

高確率で予想が当たるトレードがしたい?
「勝てるFXトレード手法が学べる」無料のFX教材はこちら>>>

 


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム