FXはゼロサムゲームだということを、もう一度、考えたい

study

FXは「お金をかけた競技」である。

このように考えたことはありますか?

たぶん、無いと思います。(笑)

こんなの考えるの、きっと、私ぐらいです。

私は、常々、FXトレードを「対戦」だと考えているようにしています。
対戦であるので、生半可な気持ちや実力では、トレードをしてはいけないとも思っています。

FXはゼロサムゲームです。

ゼロサムゲームとは、合計(サム)が0になるゲームということです。
何を言っているのか、意味わかりませんね。(笑)

もう少し噛み砕いて説明しますと、買った人たちの合計利益が負けた人たちの合計損失の利益になるわけです。
FXで勝ち続けている勝ち組トレーダーの利益(収入)は、負けた人たちの損失分が原資となっています。

全体の1割未満だと言われる強いトレーダーたちに、初心者や勝てないトレーダーは、どんどんお金を奪い取られているとも言えます。(号泣)

まぁ、厳しい言い方をすると、技術もメンタルも未成熟なトレーダーは、プロトレーダーや強い勝ち組トレーダーたちのカモみたいなものです。
カモ(弱いトレーダー)がネギ(お金)をもって、どんどん無謀にも参入してくるので、稼ぎ放題なわけです。
一方のカモ(弱いトレーダー)は、自分もネギ(お金)をもらえるとおもってきたのに、ネギを取られてしまうだけでなく、精神的にもボコボコにされてしまうわけです。最後に食べられてしまう(FXで大損し、退場させられる)かもしれません。(笑)

FXは、考えれば、恐ろしい世界ですね。(笑)

強者も弱者も同じ土俵で対戦するマーケットがFX

102
FX以外の世界では、プロとアマというのは、わかれています。
プロとアマが対戦することは、ほとんどないです。

プロスポーツで例えるとわかりやすいのですが、野球の場合、プロ野球とアマチュアとは完全に分かれています。アマチュアにも社会人や学生リーグなどもあるし、プロ野球についても各チーム1軍/2軍がありますし、地方の独立リーグ・女子リーグもあります。野球を始めたばかりの小学生もチームがたくさんあります。
たまにプロとアマチュアが交流試合をすることがありますが、プロはプロ同士で対戦をするのが基本です。
プロ野球の1軍が最高峰のリーグであり、選手の実力も最高レベルです。

プロ野球1軍チームの選手が、アマチュアリーグと対戦すれば、たまたま、アマチュアチームが勝つことがあったとしても、1年を通じれば、実力差が歴然と出ますので、圧倒的にプロリーグのチームが勝つでしょう。

このように、スポーツや他の競技では、プロとアマチュアはわけられていますし、プロの中にも1軍2軍というようにわけられていたり、アマチュアも学校(学年)・社会人などにわけられているわけです。

小学3年生のチームが、平均年齢28歳のプロチームの人たちと対戦を続けるということは、スポーツの世界では、ほぼありえないわけです。

ただ、、、

FXの世界は違います。

極端に言えば、小学1年生と、バリバリのプロスポーツ選手も同じ土俵で対戦するようになっています。(怖)

ウォール街で働くような、年収数億円を軽く稼ぐようなスーパーエリートトレーダー達と、FXをはじめて3日という超初心者が、ガチンコで対戦するようなことも裏では行われているわけです。

実際には、FXは一対一の対戦ではないので、対戦をしているように思えませんが、本当は、すごい強者との対戦をさせられています。

強者と弱者がハンディキャップ無しで対戦をする場。

それがFXです。

考えれば考えるほど、恐ろしいです。(笑)
本当は、ちょっとぐらいハンディキャップをもらいたいのですが。(笑)

強者たちと戦うわけですから、冷静に考えれば、FXをはじめて、3ヵ月以内の初心者が勝てる場ではないことをわかっていただけると思います。

3ヶ月-1年程度の経験では、スポーツで例えれば中学生レベル。まだまだ、プロと対抗するには、実力がなさすぎます。
もちろん、実際、実力がなければ、FX歴が5年以上あっても、勝てないことも多々あります。

勝つためには、このブログで何度も説明しているように、「FXスキルを上達する」しかないわけです。

まず、弱者はどうすれば良いのか???

105
答えは簡単です。

FXという対戦上に、積極的に参加しないこと

です。

FXトレーダーの大半が、「今すぐ!」「今年中に!」とか、早くお金を稼ぎたいという気持ちが強すぎます。

給料が減った、
生活が苦しい、
会社をやめたい、
仕事をやりたくない・楽して稼ぎたい(笑)、
子どものため、
高級車や高級マンションに住みたい、
女性にモテたい(笑)、
夜の街で、遊びまくりたい(笑)

など。

色んな理由があって、「一日でも早くお金を稼ぎたい!」という気持ちは、とてもわかります。

できれば、「今日からでも大金を稼ぎたい!」「数週間以内に大金を稼ぎたい!」「遅くとも数月後には稼ぎたい!」。
そう思いたくなる気持ちもよくわかります。

以前の私も同じ気持ちでしたから。(笑)

でも、それは、無理なわけです。

FXを本業としているトレーダー(特に外資系金融機関)
個人のプロ専業トレーダー
個人のFX兼業トレーダー(経験3-5年以上)

FXには、このような超プロ達がたくさんいるし、他にも、実力のある猛者がたくさんいるわけです。
その世界で、簡単に勝とうと思うこと自体が、間違えているわけです。

FXを簡単に考えすぎて、短期間で稼ごうという気持ちが強すぎると、ハイレバレッジ&貯金の大半を投資することになり、結果的には、大敗を繰り返します。気づけば、資産が殆ど消えた、もしくは、大損したというオチになります。完全なカモです。(涙)

そんな世界のFXで生き残るために、弱者は、

FXという対戦上に、積極的に参加しないこと

が良いです。

初心者だけでなく、トータルで負けている大半のトレーダーは、守りたいルールです。
特に、FX歴が1年以上あっても、まだ負け続けているトレーダーこそ、もう一度、原点に戻って、投資を控えて、学習をすることに力を注ぎたいものです。

もう少し詳しく説明をしますと、、、

・FXスキルを上達させるまでは、投資金額の大きなトレードは控える

・10,000-15,000通貨ぐらいまでの投資におさえる

これを徹底すればよいわけです。

私は、実際、過去に2年ほど、FXでお金を使うトレードを全くやらなかった時期があります。その当時、FXを完全にやめたというわけではありません。FXの実力をつけるまでは、トレードを控えようと決めて、ひたすら、FXの学習をしていました。

当時のFX損失は0円です。(笑)

当たり前ですが、お金を使うトレードをしていなかったので、損失になるわけありません。
カモにはなりたくなかったので、「トレードをしたい!お金を稼ぎたい!」という欲望を抑えることを徹底させて、なんとか、投資をせずに、勉強に集中することができました。

弱いトレーダーは、積極的にトレードをしないで、実力をつけるまで、デモトレード・トレード練習ソフトなどを使うことに、集中をしたほうが良いわけです。

ただ、実際のお金を使わないと、独特の緊張感を味わうことができず、ルールを守る・メンタルを鍛えることができなくなるという弊害があります。実践も大切ですので、完全に、FXでお金を使わないというのはオススメしません。

ですので、10,000-15,000通貨ぐらいまでの大損にならない範囲で、トレードをやるのは良いでしょう。これなら、タイトなストップロス(20-30pips以内)をしっかりいれておき、過剰なトレードをしなければ、損失は、月に数万円程度に抑えられます。

そして、たっぷり学習して、カモではなく、鷲や鷹になってから(笑)、トレードに本格的に参入すれば良いと思います。
その時は、もう少し通貨枚数を増やしても、きっと、十分に稼げるはずです。

決して、カモの状況では、ネギ(お金)は沢山投資しないように。初心者もFX歴の長い方も同じです。負けているカモ=弱者である限り、投資は少なくが基本。

そして、まずは、強くなるために、学習を続けるしかありません。


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム