突然ですが、ディズニーランドの細部へのこだわりを知っていますか?FXで勝てるヒントはディズニーのこだわりにあり?

101
ディズニーランドが大好きな人は、本当に多いですね。
大人でも、十分に満足できるほどのクオリティの高さは、本当に素晴らしいと思います。

ディズニーランドは、お客様を魅了するために、「特別な世界」を作ろうと、細かい箇所まで、こだわっています。
下記のディズニーのこだわりを読んでいただければ、その細かい最新の注意に驚くと思います。


(以下は、書籍<ディズニーが教えるお客様を感動させる最高の方法 著者ディズニー・インスティチュート>より引用

徹底的に細部にこだわる

細部へのこだわりは、ディズニー全体に浸透している。創立者ウォルト・ディズニーは細部に目が届くことで知られていたし、だれにも同じことを求めた。

こうしたこだわりの種子は、ディズニーの業務がアニメーション映画の制作だけだった初期の時代に植えつけられたものだ。

アニメーションは、精密さを要求する芸術である。一瞬の動きを細分し、1秒間に24コマの断片を描いた静止画像をつなげることにより、一遍の物語を、キャラクターたちが住む世界を作る。

細部に注意を払うというアニメーション芸術に不可欠なものを、ウォルトは会社全体に取り入れた。

(一部省略)
アニメーションのロジャー・ラビットを加えたときに事件が起こった。そう、ロジャー・ラビットの顔にランプの影が映らなかったのだ。
このことに気づく観客はそれほど多くないだろう。

(一部省略)
アニメーション・アーティストたちは、実写ランプの影がロジャー・ラビットのに映るように、毎秒24コマの画像をひとつひとつ仕上げていった。
細部に注意を払い、ゲストの経験の質を高めるための努力を惜しまなかったのだ。

(一部省略)
ディズニー・ワールドでも、細部に細心の注意が払われている。たとえば、ホテルの部屋のドアにはのぞき穴がふたつあり、ひとつは通常の高さ、もうひとつは子どもの目の高さになっている。また、ゴミ箱は27フィート(約8メートル)の感覚で規則的におかれている。一般的な人がごみを投げ捨てずに持ち運ぶ距離の限界を、テーマーパークの設計者が算出した結果だ。


ディズニーは他の会社が個人がやろうとしないことを、このように、徹底して細部までこだわりました。
ここまで細かくこだわることができるから、ほかが真似出来ない圧倒的なサービスや映像を生み出しています。

ディズニーのように、徹底的に細部までこだわり続ける事ができる人は、1万人に1名もいないと思います。
ここまでこだわるのは、かなり大変です。(汗)

ただ、、、

少しでもディズニーのように、こだわって、細部まで、徹底してチェックをすることができれば、生み出す成果は他よりも良い成果を必ず出すことができます。

もちろん、、、

これは、FXにだってあてはまります。

ディズニーのように、細部まで、こだわっているか?細部まで、チャートを見ているか???

1000

FXのチャートって、とてもシンプルなように思うかもしれませんね。

ローソク足という、単なる棒が並んでいるだけです。
ラインや、ボリンジャーバンド、インジケーターを追加しても、あまり、深く見ている人は少ないものです。

大体の方が、「パパっ」と超短時間のチェックをするだけで、トレードをしようとしてしまいます。
正直、それでは、チャートの本質を理解できないし、チャートの環境認識を正確に行うことはできないでしょう。

チェックをとても短時間で終えるのは、野球で言えば、適当に、飛んでくる玉に向けて、バットを振っているだけの状態です。
たまに当たることがあっても、多くは、空振りもしくは、ボテボテのゴロになったり、フライになってしまうでしょう。(笑)

チャートを本気で読み取ろうとしたら、とても深いし、チェックする項目は、たくさんあるものです。

・上昇する傾向にあるのか、下降する傾向にあるのか、それともどっちつかずの状態なのか?
・ローソク足の長さ(大きいか、小さいか、ヒゲの長さ・状態は?、過去数本の足に比べて、だんだん成長しているか?、それとも小さくなっているか?)
・現在のローソク足の色(陰線、陽線)
・現在のローソク足は、どのようにして形成されたか(たとえば、陽線であっても、一度は、陰線になってから、最終的に陽線になったとか。)
・水平線はどれが機能しているのか?(どの水平線で弾かれているか?水平線を抜けきれないのか?サポート/レジスタンスはどこなのか?)
・トレンドラインは機能しているのか?トレンドの転換点はどこか?
・5分、15分、30分や1時間足だけでなく、大きな時間足(4時間・日足)の流れもチェックしているか?
・ボリンジャーバンドの2シグマや3シグマにタッチしているか?また、何回ほどタッチしたのか?
・ミドルバンド(MA)の角度はどうなっているのか?
・チャートの形はどうなっているか?(フラッグ、ダブルボトムなど)
・どのタイミングが来れば、エントリーするべきなのか?、エグジット(利確もしくは損切り)のポイントは?

私は、これらの内容を主にチェックしています。

おそらく、一般的なFXトレーダーの皆さんに比べると、チェックする項目は多いように思います。
ディズニーとまではいきませんが、私なりに、細部までこだわるようにしています。

正直、数年前までは、チェックがとても甘かったと思います。お陰で、予想の大半が外れていました。(笑)

今は、チェック内容をメモをしており、トレード前に、これらの項目をチェックした上で、総合的に判断して、エントリーをするようにしています。これらをチェックしようとすると、パット見てエントリーをすることに比べると、とても時間がかかり、手間がかかります。

でも、手間をかけて、一つ一つをチェックするようになってから、格段にトレードの精度が高まりました。
勝率も格段に良くなりました。
細部をチェックすることで、過去の大連敗が嘘のように、トレードの成果が良くなっています。

あなたは、チャートを見た時、細部までこだわっていますか?チャートをじっくりと深く見る・観察するようにしましょう!

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

あなたがどのようなトレード手法を学んでいるかわかりません。(評判が良いものであれば、どのような手法を学んでも良いと思っています。あとは、それを徹底すればよいだけです。)

ただ、どのような手法を学んでいても、チャートのチェックだけは、細部までこだわって欲しいです。

私がチェックしているように、あなたも、自分で、学んでいる手法を達成するために、必要な「チェック項目一覧表(チェックリスト)」を作ると良いでしょう。

エントリーをする際には、チャートの「●●の箇所」をチェックするというように、チェック項目を羅列して、必ずトレードをする際には、チェックするようにしましょう。

チェックすべき項目・基準がわからないなら、もう一度、トレード手法を紹介した本・マニュアルを学習して、メモをして、チェック項目を作るようにしましょう。(●●の場面になれば、エントリーするとか、▲▲の箇所を必ず確認するとか、をチェック項目にすれば良いでしょう。)

そして、チェック項目について、トレードを繰り返すことで、必要な項目を増やしたり、不必要な項目を減らしたりしていくと良いでしょう。

具体的には、
「この項目は完全にマスターして自然にできるので削除してもOK」という項目は減らして、
一方で、
「今回のトレードでは、▲▲の箇所をチェックしていなかったようだ。これは新しいチェック項目として追加しよう。」
というように、チェックリストにチェック項目の中身を変えていくことで、だんだんと、「自分が勝つためのチェックリスト」というのをつくることができます。

ちなみにチェック項目一覧は、パソコンで作っても、手書きでもなんでも良いです。

ぜひ、「自分流のトレード前チェック項目リスト」を作って、トレードをやってみましょう。
もちろん、トレード前には、必ず、チェック項目を確認しましょう。

そして、どんどんチェック項目リストの中身を改善しながら、チェック項目を確実に行えるようになってくれば、自然と技術が向上し、勝てるトレーダーに近づいていけるでしょう。


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム