FXを経験した人が必ず通る道。
それが、FXで「勝てない日々を送る」ことです。

現在、プロトレーダーになり、多額のお金を稼いでいる人だって、初心者の頃は、負けが続く、悔しい日々を過ごしているわけです。

だから、勝てないことがつづいても、問題はありません。
勉強をしたり、検証を繰り返したり、メンタルを強くすることで、最終的に、勝てるようになればよいのですから。

そうは言いながらも、FXで、負けが増えて、損がどんどん大きくなると不安になってしまいますね。

FXで負け続けると、、、

「なぜFXで勝てないのか?」
「どうしても勝てないのは、どういう理由なの?」
「絶対に勝てないようになっているのでは?」

など。

FXについて疑問を持って、しまうものです。
あなたも、連敗をしたり、損失が増えて、自信を失って、勝てる気がしない状態に陥っているかもしれませんね。

「なぜFXで勝てないのか???
1週間や1ヶ月のトータルの取引で、絶対に勝てないは、どうしてなのか?」

答えは簡単です。

勝てない理由は、、、

トレード技術がない
メンタルが弱くて、ルールを守ることができない

これらの理由で勝てないわけです。

勝てないで負け続けているなら、FXの勉強を真剣に取り組んだり、メンタルを強くすることが大切になります。

FXの勉強法はこちらで詳しく説明>>

メンタルを強化する方法はこちらで詳しく説明>>

技術とメンタルが備われば、必ず、勝てるようになります。

なお、、、

勝てない人が、より効率よく、勝てるようになるポイントについて、以下に、説明をさせていただきました。
勝てないトレーダーから脱却したいなら、参考にしてくださいね。

FXで勝ちたいなら、「アイラブFX!」と言えるぐらい、FXを好きになりたい!

1

私は、学生時代、友達から「ゲーム病」だと言われるぐらい、TVゲームにハマったことがありました。
30年も前の話ですが、「1週間、勉強も運動もせず、ゲームだけをして終わり」という生活を続けたことが何度もありました。(笑)

当時、数え切れないほどのゲームをしていましたが、その中でも、ファミスタという野球ゲームには、最も熱中しました。
一人で遊ぶだけでなく、友人や兄と対戦したりして、恐ろしいぐらいの時間、ゲームをプレイしていたと思います。

あれほどの熱意で、実際の野球をしていたら、今頃、プロ野球選手になっていたかもしれません。(笑)

睡眠時間や食事の時間、勉強時間を削ってまで、ゲームにのめり込んだことで、私のゲームスキルはかなり高まりました。
その結果、大好きなファミスタというゲームでは、同級生では負けることが無くなりました。

ファミスタというゲームが好きすぎて、のめり込んで、やりこんだら、、、。
いつの間にか、誰も私に勝てないほど、ファミスタの達人になっていたのです。

私が好きな言葉に、、、

「好きこそものの上手なれ」

という言葉があります。

好きだからこそ、熱中し、たっぷりの時間をかけることができます。
そして、より良い結果を出したいので、工夫をしたり、研究をしたり、努力をするので、いつの間にか、圧倒的な成果を出せるようになるのです。

私がハマったファミスタというゲームは、まさに、そのとおりの結果になることができました。
好きだったので、練習をたくさん行って、実力を高めることができたのです。

あなたは、「さかなクン」という方を知っていますか?

テレビに良く出ていますが、本当に、楽しそうに、魚について説明をしてくださいます。

魚への愛情、魚のことが大好きだというのが、とても伝わりますよね。
おそらく、日本、いや、世界で、一番魚のことが好きな人かもしれません。
だから、どんな専門家でも太刀打ち出来ないほど、魚についての知識が豊富です。

好きになるって、本当に、素晴らしいことだと思います。

心から好きになり、熱中できれば、取り組んでいる分野の専門家になれるのです。

ちなみに、、、

最近読んだ、甲子園常連校の元横浜高校野球部長:小倉清一郎さんが書いた本には、好きになることの大切さが書いてあり、とてもしびれました。

横浜高校は監督がとても有名だったのですが、その監督に勝るとも劣らないほどの指導/指揮を影で行っていたのが、この小倉さんだったようです。横浜高校が甲子園出場常連校になれたのは、小倉さんがいたからと言っても言い過ぎではありません。

その本の中に、、、

「伸びる選手」について、次のように書いてありました。


「最近は、地上波でプロ野球のテレビ中継もやっていないし、野球を観ていない子、知らない子が多い。その点、中学生なら高校野球、高校生なら大学野球やプロ野球を1試合最後まで見られる子は伸びていく。それだけ野球が好きだということだから。単純明快というより最低限のことだ。

<本「小倉ノート:著者 小倉清一郎」より引用>


野球の試合って、まともに、最初から最後まで見るのって、簡単なようで、続けられるものではありません。

特に、ファンでもないチームの試合を見たり、応援しているチームが負けているような試合を最後まで見るのは、結構、苦痛です。というか、多くの方は、チャンネルを変えて、最後まで見ようとしないでしょう。

最後まで見ることができる人というのは、本質的に、野球が好き、また、応援しているチームが好きというのがあるということのようです。

好きという感情があるからこそ、苦痛に感じることがなく、楽しみながら、試合を最後まで見ることができるのだと思います。

私の友人の一人は高校野球愛と地元愛に溢れていいます。
彼は、故郷の高校の甲子園の試合を録画して、平気で、10回以上見ています。
何度も見たという話を聞くたびに、「こいつの愛はすごいなぁ。。。」と感心をさせられています。
だから、私の友人は、過去の高校野球のチームのことに、とても詳しいです。

これらの事例のように、好きになるっていうのは、技術を伸ばす、深い知識/経験を得るには、とても効果があるということです。

初心者、また、勝てないトレーダーは、FXを好きになってみたらいかが???
7

FXで、初心者・勝てないトレーダーが技術を向上させるためには、「FXを好きになること」

これが手っ取り早く、稼げるようになるためのコツです。

もちろん、FXをあまり好きじゃない、嫌いだとしても、稼げるようになれます、、、。ただ、その場合は、時間はかかるし、精神的にしんどくなるでしょう。

それよりも、FXで早く稼げるようになりたいなら、絶対に、FXを好きになる方が良いです。

FXを好きになればなるほど、FXの学習/練習を自然に行えるようになるし、研究/検証もできるようになります。
その結果、チャートの理解力が非常に高まり、「どの場面でエントリーをすれば良いのか?また、エグジットをすれば良いのか?」を的確に判断できるようになるでしょう。どんどん技術を向上できます。

では、、、

FXを好きになるためには、どうすれば良いのか???
幾つか方法を紹介します。

・FXをゲームだと思うようにする
>お金のことを意識しすぎないように、PIPSを稼ぐゲームだと考える。趣味や遊びのように考える。

・「FXが好き!」と、毎日、10回以上声に出してみる
>不思議なんですが、声に出して、「好き」と言うことで、だんだんと愛着が持てるようになります。言葉の力は強いです。
また、FXの楽しい点などを、毎日、5個以上考えることも、FXに愛着が持てるようになる方法です。

・FXの良いことをたくさん考えてみる
>負けたときに、嫌なことばかり考えてしまうと、FXが嫌いになってしまいます。FXを好きになりたいなら、FXの良いことを考えてみると良いです。

たとえば、、、
「FXのお陰でお金を稼ぐことができる!」
「チャートを分析することで、頭を使える。脳の活性化になる。」
「強い心を作ることができる。」
「計算能力が向上する。」
「学習する習慣がついた。」
「夢や希望を与えてくれる。」
などなど。

良い点をたくさん考えるようにすると、だんだんと、FXについて、嫌な気持ちをもつことが減り、好きになってきます。

・損をした時、負けたときこそ、「それでも楽しい!」と心の中でつぶやく
>FXで負けてしまうと、悔しかったり、腹が立って、とても嫌な気分になってしまいます。
そんな時でも、「それでも楽しい!」「それでも大好き!」と、心の中でつぶやいたり、独り言を言ってみましょう。
負けたときこそ、そのような前向きな言葉を考えることで、FXの負けを受け入れることができ、FXに対して、嫌な気持ちが薄れます。
このような言葉を繰り返していると、FXで勝っているとき、嬉しく感じ、負けたときでさえも、ショックが少ない、もしくは、ショックが殆ど無い状態になります。
その結果、FXトレードにおいて、殆どの場面で、前向きに取り組むことができるようになります。

特に、FXのことがあまり好きじゃないため、、、

真剣に学習/検証をできない
すぐに飽きてしまう
負けてばかりで面白くない
苦痛、つらい

このように感じているなら、FXを好きになる努力をしてみましょう。

あなたがFXへの以上が深まれば深まるほど、FXの学習/トレーニングする意欲も高まり、結果的には、必ず成果がアップします。

勝ちたかったから、頑張りすぎないこと!

FXトレードをしている方の中には、「そこまでやるの!」っていうぐらいに、FXの勉強・学習をやる方がいらっしゃいます。

まるで、修行僧のように、必死に学習している姿は尊敬しますが、必死過ぎて、ちょっと怖いです。

私もFXで勝ちたいという気持ちが強すぎた時があり、過去に、3000時間以上、FXの勉強に時間をかけました。
当時は、ほぼ、すべての自由時間をFXに注ぎ込んでいました。
あれだけ勉強すれば、東大も受かるのではと思ったほどです。(笑)

今、振り返ると、FXのことしか考えていない、とても危ないやつだったように思います。(笑)

FXで稼げるようになるには、正しいやりかたで、勉強を行えば、勝率は増えるし、勝てるようになります。
ですから、勉強/学習は、FXで勝つために必要。
それは当たり前です。

ただ、、、

以前の私のように、頑張りすぎるのは良くないです。トレードにも、健康にも、、、。

3000時間とかも勉強をする必要ありません。
効率よく学習をすれば、もっと少なくても、全く大丈夫です。

自分の経験からも言えますが、、、

FXで勝ちたい気持ちが強すぎて、努力をやりすぎると、余裕がなくなります。
FXトレーダーの多くはサラリーマンで、日々の仕事があるわけです。
帰宅後に、トレードをしたり、FXの学習をして、、、。寝るのはいつも深夜。
睡眠時間は3-5時間。
そして、土日も、ずっと、チャート検証。

これは、正直、やりすぎです。
こんな生活を続けて、勝てるようになる人は、一握りしかいません。
自分を追い込みすぎると、殆どの人が挫折するだろうし、心も身体も壊れて、FXのパフォーマンスは逆に落ち込む可能性が高いです。

努力という視点で考えた場合、FXで勝てないタイプというのは、下記のような方です。

・怠け癖のある人>勉強をしない、自己のトレードの改善をしない

・頑張りすぎる人>FXで勝ちたいという気持ちが強すぎて、FXのために、努力をしすぎている

怠け癖のある人が勝てないのは当たり前です。
一方で、他人よりも、たくさんの時間を割いて、努力をしている=「頑張りすぎる人」の場合は、注意が必要です。

実際、私は、この頑張りすぎる人に当てはまりました。
もともと、「努力こそ成功には必要」という言葉を信じていたので、FXにも努力をしてのぞみました。

当時、「FXは勉強を頑張れば勝てる!」という気持ちばかりが強かったのですが、勉強をすればするほど、負けを繰り返す時期が、何度もありました。

「過去1年間、すべてをFXに注いだのに、全く勝てない!」と悔しい思いをしたことも、何度もありました。

負けが続くので、更に勉強をするのですが、、、
ますます負けてしまう現実があったのです。

結局、頑張りすぎるというのは、よくないというのが、私の結論でした。

頑張りすぎる人は永久に勝てない?


頑張りすぎる人って、正直、怖いです。
目が血走っているというか、気合が入りすぎているというか。
常に、何らかの緊張感があるんです。
「勝たなければ!」「稼がなければ!」という気持ちが強すぎて、肩に力が入って、トレードや学習をしている感じです。

このような頑張りすぎる人は、「心」に余裕がありません。
言い換えれば、メンタルが一部崩壊している状態であるとも言えます。

「必死に頑張ってFXで勝つ!」という力み(りきみ)・気合が空回りし、「勝たないといけない!」という義務感も生じ、心がリラックスできていません。

そうなれば、、、

FX市場では、勝つ側ではなく、やられる側になってしまいます。

FXで勝つためには、技術よりも、メンタルが大切ですから、自分を追い込んでしまい、メンタルが弱っている状態では、勝てるはずがありません。

頑張りすぎて、、、、

・疲れが出て、まともな判断ができない
・余裕が無いので、トレードに自信が持てない
・稼ぎたいという気持ちが強くなりすぎて、ルールを守れない
・「こんなにも頑張って勉強しているのに!」と、負けたときは、かなり落ち込んでしまう
・感情的になりやすくなる
・緊張感が強すぎて、トレードがとても苦痛になる
・勝てるという気持ちでトレードができない
・永遠に、頑張りすぎる努力が必要だと感じ、FXは苦痛なものだとしか思えない

このように、良いことはありません。(涙)

勉強を他人の何倍もしているのに、本番の試験で能力を発揮できない、学校の成績が良くない生徒と同じです。
勉強をすればするほど、強くなるどころか、弱くなったりします。(涙)

というわけで、、、

FXで勝ちたいなら、「頑張りすぎないこと」です。
勝ちたいという気合が入りすぎれば、気合が空回りして、損が増えるだけです。

FXで勝つために学習は必要ですが、気持ちに余裕がもてるようにする方が、もっと大切です。

睡眠時間をしっかりと確保したり、好きな趣味に時間を注ぐなどして、リラックスしながら、FXに向かうと良いです。

特に、FXの学習を頑張りすぎている人は、学習やトレードにかける時間を、20-30%減らしてみると良いでしょう。

そして、、、

FXを、まるで、ゲームのように、遊びのように、気楽に、考えてみることをオススメします。
実際、お金のかかったゲームみたいなものですし。

何度も、「FXはゲームだ」と考えていると、不思議なんですが、FXは本当にゲームのように思えるようになります。
そうなれば、FXトレードをすることが苦痛やしんどいものだと考える思考が変化して、もっともっと、楽な気分で、冷静にチャートを見て、トレードに余裕を持って挑むことができますよ。

頑張りすぎないで、心が軽い状態でトレードができれば、メンタルはかなり良い状態ですから、ルールを守れるし、冷静に判断ができるようになります。
もちろん、稼ぎやすくなります。

私が、FXで稼げるようになったのは、まさに、頑張りすぎることをやめてからです。

FXで勝てない日々が続き、悔しくて、FXの学習に頑張りすぎているマジメな方は、今すぐ、アクセルを少し緩めてみましょう。
きっと、頑張らないで、余裕を持てるようになれば、、、。
FXに対する価値観や、勝つために必要な本当のことが見えてくるはずです。そして、今よりも、稼げるようになっているはずです。

FXで、勝てない人は、「トレードしないこと」に価値を見出してはいかが???

私のFX歴は、6年以上あります。

1年以内に退場するプレーヤーが多い中で、FXの世界で、5年以上、生き残ることができた最も大きな理由はトレードをしない」技術を習得しているからだと思っています。

私も、他のトレーダーと同じように、初心者の頃は、強制ロスカットを何度も食らわされ、FXから完全撤退(退場)するという、非常につらい経験をしたことがあります。

その後、しばらくして、FXを再開することになるのですが、お金を使ったリアルトレードを再開しませんでした。
実際、FXを再開すると決めてから、お金を投資するリアルトレードをするまでに、1年以上の時間をかけたことがあります。

1年以上の間、リアルトレードはしなかったのですが、FXの学習はやっていました。
FXのチャートを見て、予測・検証をしたり、FXトレードソフトやデモトレードのみの練習を、1年間以上続けたのです。

その間は、本当に、まったくお金を使うトレードをやりませんでした。

FXトレード手法の習得ができていない、また、FXの基本ルールをほとんど守ることができていない、そんな状況で、いくらトレードを行っても、勝てる見込みが無いと判断して、リアルトレードは完全に避けていました。

大きく為替レートが動く時期が何度もあり、「お金を投資して稼ぎたい!」という気持ちに負けそうになりましたが、リアルトレードをすれば、負けて損が増えるだけだとわかっていましたので、「トレードをしない」「休むこと」を徹底的に守るようにしました。

お陰で、、、

ボロボロに負けていた私でしたが、FXに再チャレンジをして、リアルトレードをしなかったときは、

「FXで、全く損をしませんでした。(笑)」

当たり前ですが。

今、振り返ると、この時期にリアルトレードを我慢したことは、私にとって、とても良かったと思っています。
あの時期のメンタルや技術力では、トレードを続けていたら、何度も退場させられ、トータルで大損をしていたことは確実です。

FXは完全実力の世界。

勝つための技術と、勝つためのメンタルが備わっていなければ、損が増えるだけです。
損を増やさないためには、初心者や勝てないトレーダーは、私のように、長期間、リアルトレードをしないという選択を取るのも良いでしょう。

ただ、リアルトレードをしなければ、お金を使った独特の緊張感を味わうことができないため、お金を使った場合のメンタルを強化することができません。
ですので、以前の私のように、1年もリアルトレードをしないというのはオススメできません。リアルトレードをしない期間は、長くても、3ヶ月~半年以内にした方が良いです。

もし、あなたが、FXで勝てないことが多いなら、あえて、数週間~数ヶ月間、リアルトレードをやめて、技術向上を徹底させるために、デモトレードのみを行うようにすることで、損失を増やすことを防げます。

「すぐに、お金を稼ぎたい!」という欲に飲まれるな!

「お金を一円でも多く稼ぎたい!」という、強い金銭欲。

この欲に飲まれてしまうと、過剰なトレードを行ってしまいます。

この欲に飲まれてしまうと、、、

・平日はほぼ毎日、FXトレードを行う
・自由時間のほとんどをFXトレードに使う
・いつもFXのことが気になって仕方がない
・「稼ぐためにはエントリー!」という気持ちが強すぎて、どんなチャートであっても、毎日、必ずエントリーをする 

こんな感じになります。ほぼ、FX中毒です。(涙)

まだまだ勝てない、いや、むしろ、負けるほうが多いのに、過剰なトレードをすれば、「技術のないものは負ける」という根本的な原則通りに、トータルで負け、損が増えて、いつのまにか大損をすることになります。

冷静さにかけて、すぐにトレードをしようとすることを、「ポジポジ病」(エントリーをして、ポジションを持ってしまう病気)だと言われたりしますが、ポジポジ病になるのは、まだまだ、メンタルが弱い証拠です。

あまり大事だと思っていないトレーダーが多いのですが、

「トレードを休むこと」

「トレードしないこと」

これは、ものすごく大切です。
勝てないトレーダーは、休むことを、いち早く覚えて、実行する必要があります。

軽く読んだだけでは、身につきません。

「トレードを休む、トレードしない」技術を習得するという気持ちで、真剣に取り組むことが大切です。

トレードを休むこと、また、トレードをしないこと、これらを実践できるだけでも、「自分が勝ちやすい時、もしくは、負けにくいときのみトレードを行う」という王道のルールを実行できる「技術」があると言えるわけです。

勝ち組トレーダーは必ず備えている、とても大切な技術です。

この技術を身につけるためにも、、、

・トレードを休むこと、トレードをしないこと

次回のトレードから、意図的に行うようにすると良いでしょう。

たとえば、、、

・トレード手法通りの場面でしかエントリーをしない
・自信がない/確信の持てない場面でエントリーをしない
・帰宅後、チャートを立ち上げ後、数分以内に、エントリーをしない(焦ってトレードをするので)

とか。

・4連敗になったら、トレードを、3日間休む
・損失が月間5万円を超えたら、リアルトレードを1ヶ月間、休む

など。

このように、、、

意識的に、トレードを休むこと/トレードをしないことを実践するようにしましょう。

最初は、トレードをやりたい気持ちが出てくるかもしれませんが、「トレードをしない・トレードを休む」自分になることを強く信じて、トレードを控えるようにすれば、だんだんと、トレードを休むことができるようになります。つまり、トレードを休む技術を向上させることができます。

私も、昔はポジポジ病でしたが、今では、極端に言えば、1-2ヶ月トレードを休んでも平気になりました。

自分が勝ちやすい場面だけを取捨選択して、トレードをする。

そんなトレードが主ですから、エントリーは毎日ではないし、動きがない時期が続いていたら、1-2週間とか、トレードしないときもあります。

そのほうが、毎日トレードしていたときに比べて、明らかに勝てるようになっていますし、トータルで利益も出ています。
トレード時間が短くなるし、精神的な負荷も小さいので、健康的にFXを楽しむことができるというメリットもあります。

そんなわけで、休む技術・トレードしない技術を習得すれば、損は減るし、勝ちやすくなる。しかも、トレード時間が減り、健康的になる。
と良いことばっかりです。(笑)

ポジポジ病の方/勝てないのにリアルトレードを繰り返している方は、自分が勝ちやすい場面でトレードするために、「トレードを休むこと」「トレードをしないこと」技術を習得してください。この技術を習得すれば、大切なお金を守ることができるようになるでしょう。

稼ぐことを急ぎすぎない!すぐにお金がほしいという気持ちが勝てない日々を生み出す。焦らない焦らない。。


もう10年ぐらい前になりますが、ある経営コンサルタントの指導を受けはじめました。
顧問先のクライアント向けのメールで、以下のような文章が届きました。

「私が準備したテキスト通りに仕事を進めてください。
一つの課題が終われば、次の課題を行うというように、順番通りに進めてください。

また、絶対に急いではいけません。

じっくりと3ヶ月かけて、取り組むようにしてください。」

そんなメッセージでした。

当時、私は、一日でも早く、実績を出したいという気持ちが強く、「3ヶ月も時間をかけたくない。テキストは数日で読んで、すぐに、全部を実行してやる!」と決めました。そして、一つ一つの課題を丁寧に進めず、読み 飛ばす感じで、テキストの内容を消化しました。

たったの数日でテキストを読んで、課題に取り組んだのです。

誰よりも早く成果を出してやると意気込んでいましたが。。。

その結果は、、、、

他の人達よりも成果が遅く、良い結果を出せませんでした。
期待した成果が出ないことにイライラしたり、がっかりして、、、。
「こんな手法で成果が出るはずがない!」と思ってしまい、結局、途中で挫折してしまいました。

1ヶ月さえも、続けることができなかったのです。。。

その後、、、

経営コンサルタントから次のようなメッセージが届きました。

「私の指示通りに行っている方は、しっかりと成果が出ています。

全く実践していない人はもちろん成果がでていません。

また、課題を一つ一つ丁寧に行わないで、
急いで成果を出そうと焦って取り組んだ人も、成果が出ていません。

すぐに結果を求める人というのは、
たとえ、行動をしたとしても、
我慢強さがかけているので、
すぐに挫折してしまうのです。」

このメッセージを読んで、まさに、私のことを言われているようでした。

それ以来、

「すぐに結果を求める人は、すぐに挫折する。」

この言葉は、私の脳と心に深く刻まれました。

急ぎすぎる人は、すぐにバテて、息切れして、挫折してしまうのです。

これは、仕事についての例ですが、FXでも当てはまると思っています。

勝てない人:すぐに結果を求めていないか???簡単に諦めていないか???


すぐに成果を求めるタイプというのは、せっかちであるという傾向があるだけでなく、「待てない」「我慢できない」というタイプである可能性が高いのです。

FXトレーダーならわかっていただけると思いますが、FXトレードにおいて、「待てない」「我慢できない」というのは、致命的な欠点です。
「待てない」「我慢できない」ということは、エントリーポイントまで待てない、利益を伸ばすことができない、損切りをできないなど。見事に負けやすいトレーダーの傾向と一致するわけです。

FXトレードで勝つために大切なことは、トレードの技術以上に、メンタルです。
メンタルが必要なのに、「待てない」「我慢できない」精神状態である限りは、残念ですが、勝てないトレーダーとして、負け続けることになり、お金を市場にバラまく=損をするトレード生活をするしかありません。

実際、FXを始めた方の多くが、「FXでお金を稼ぎたい。できれば、一日でも早く」という気持ちがあると思います。
その気持ちが強すぎれば強すぎるほど、焦りの気持ちが生まれ、「待てない」「我慢できない」自分を助長することになってしまいます。

これでは、トータルで勝てるわけがありません。

正直、私が、FXを始めたときも、全く同じでした。当時は、お金にとても困っていましたので、すぐに、1円でも多くお金が欲しかったので、「すぐに結果を求める」トレーダーでした。
FXというマーケットは、とても公平です。
「待てない」「我慢できない」、そんな弱小メンタルのトレーダーは、数ヶ月で、ボコボコにされます。

懐かしい思い出ですが、今は、「すぐに結果を求める」ということは、ありません。
焦れば焦るほど、メンタルに負荷がかかり、結果は悪くなることをわかっていますから。

今は、自分のペースで、勝ちやすいときだけエントリーをするようにしています。仕事とか付き合いがあれば、FXの事を忘れていますし、それでも、全然平気です。
だって、トレードをやろうと思えば、いつでもできるわけですから。
そんなに焦ってもしようがありません。
1週間に1回もエントリーをしないときもあります。それでも、当時に比べれば、遥かに勝率が高いし、稼いでいるpipsも多いです。メンタルに余裕があるので、待つことができ、我慢できるので、勝率・獲得pipsが増えるのは当たり前です。

そんなわけで、、、

「すぐに稼ぎたい=直ぐに結果を求める思考は、初心者や勝てないFXトレーダーにとっては、百害あって一利なしです。」

すぐに稼ぎたいという気持ちはとても良くわかりますが、その気持ちをおさえて、3ヶ月後や半年先に勝てれば良いぐらいの気持ちで、リラックスして、FXに取り組むと良いですよ。
逆説に聞こえますが、そのほうが、1ヶ月後に稼げるようになったりして、早く、勝てます。

勝てない状態が続くトレード技術レベルで、「今月中に稼ぐ!」「今週こそ、絶対に稼ぐ!」「10日で10万円以上稼ぐ!」などと、超短期間で稼ぐという気持ちをもたないことです。この気持ちをもてばもつほど、悔しいぐらいに、負けが増えるし、損も増えちゃいます。

トレードをしないという決断/実践を継続させることで、FXトレードをいつもやりたいとか、すぐに結果が出て欲しいという思考をおさえ、メンタルを鍛えることにつながります。結果、勝率/獲得PIPSも増えます。

勝てると自信を持ってエントリーをすること!


勝負の世界では、勝負に向かう前の「思考」がとても重要になります。

戦う前から、「負けるかも。」「絶対、無理。」だという気持ちでいると、高い確率で、勝負では負けるものです。

強い武道家・強い選手・強いチームは、戦う前から、「絶対に勝てる!」「勝つに決まってる!」と当然のように考えて、勝負・試合に臨みます。そして、見事に、勝つのです。

勝っているトレーダーの大半は、「勝てる」という信念・自信をもって、トレードに臨んでいます。

一方で、多くの初心者や負け組FXトレーダーは、自分を信じきれていない状態、不安な状態で、エントリーをしています。

「よくわからないけれど、なんとなく、うまくいくかも。」
「できたら、思った通りに、進んで欲しい。」
「たぶん、勝てると思う。」

このような自信の無い状態でトレードを開始します。

心の奥底の本音では、「結局は、また、負けるかもしれない。」「また、失敗したかも。」「勝てる気がしない。」というようなネガティブな不安感で一杯になって、トレードを続けているのです。

不安なエントリーといのは、だいたいが、冷静でなかったり、トレード技術が未熟、メンタルも弱い状態でのエントリーになります。

一言で言うと、エントリーポイントが誤っている可能性が高くなります。

また、不安な気持ちでエントリーをする時点で、メンタルは弱いので、エグジット(決済)注文を冷静かつルール通りに実行できなくなるというデメリットもあります。結果的には、利小損大になってしまう確率が高くなります。

というわけで、自信がない、不安を抱えたトレードというのは、エントリーもエグジットも悪い状態になりやすく、悲しいぐらいに、負けてしまうのです。

そうならないためにも、
FXで勝ちたいなら、、、

自信のあるときのみトレードをするようにしましょう。

自信がないなら、、、

もう一度、トレード手法を学びなおす。また、メンタルを強くする。

そして、自信ができるまで、デモトレードを繰り返すなどして、ひたすら練習をしましょう。
「自分を信じることができる=自信」という心を準備してから、FXに取り組めば、きっと、格段に成果は変わるでしょう。


以上が、FXが勝てない方に、主に精神面が中心となりましたが、より効率的・効果的に、勝てない状態から脱出する方法を説明させていただきました。

これらを実行するためには、強い精神力が必要になります。
まだまだ心が弱いと感じるなら、下記のメンタルトレーニングをやってみましょう。
コツコツと続けていたら、確実に、心は強くなります。

メンタルを強化する方法はこちら>>


また、FXで大損をしないために、下記のページで紹介している方法を習得するようにしましょう。この方法を習得しておけば、安心して、FXに取り組めます。

FXで大損・破産をしないために、守っておきたいルールとは>>>


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム