あなたはローソク足に対して、本気で向き合った事がありますか?

靴下バカ。
私は、その人のことを、尊敬の念を込めて、そう呼ばせて頂きたい。

日本で一番靴下を愛している靴下おじさん。
この主は靴下のことが好きすぎて、自分が作った靴下を、まるで、我が子のように愛する。

できあがったら、、、

靴下をなでる
靴下を噛む
靴下に頬をつける

まるでムツゴロウさんが動物を愛でる時のように・・・(笑)

そして、、、

その靴下バカの主は言いました。

「私はできるなら、靴下に入りたい。」

靴下に入って、中から、その靴下の肌触りを感じてみたい。

主は、何の躊躇もなく、そう言ったのです。

靴下に命を捧げ、靴下に向き合い、靴下を愛している

だから、その主が作りだした靴下は高品質で、格安の中国製との価格競争に負けること無く、値段が高くても売れ続けています。

その主の名前は「越智さん」
「靴下屋」というチェーンを率いるタビオという会社の創業者です。

現在も、
靴下を好み、靴下を愛しています。
愛しているからこそ、靴下のことを深く理解し、
どのようにすれば改善できるのか、より良いものを生み出せるのかを考えて、多くのファンに好かれる、個性的で質の高い商品を生み出せるのです。

この例から、、、

FXや他のトレードについて、考えてみたいです。

もし、

越智さんが靴下に対して真摯に向かい合っているように、一本一本のローソク足に向かうことができれば、どうなるでしょうか?

ローソク足のことを深く理解し、知ることができれば、ローソク足の動きを今以上に読むことができるようになるのです。結果、トータルで勝ちやすくなります。

たとえば、、、

下記のユーロ円の4時間足チャート。

 

Aの箇所は、長く抑えられたサポートを実態で抜け、長い陰線が完成しています。
この陰線だけで、60pips以上も下げることになりました。

単なる陰線一本だけに見えますが。
このローソク足と向き合って、深く考えてみますと・・・

・長い上ヒゲがあるので、サポートを抜けずに、上を目指した時間帯があったということ
・おそらくサポート(130.35あたり)では、激しい、売り買いのやりとりがあって、上下に動いたかもしれない
・一度、サポート(130.35あたり)を下抜けした後も、買い手側の抵抗に押されて、戻されたかもしれない
・サポートをはっきりと抜けて、130.1当たりになると、売る側の力が強くて、売りが一気に進んだかもしれない
・130.00当たりで買い手の抵抗に押されて、一時的に戻されたかもしれない

これはあくまでも推測ですが、たった一本の4時間足だけでも、様々な推測ができるわけです。

売り買いの綱引きが行われているトレードの世界では、常に、たった1本の足が完成するまでにも、無限大のパターンが有るわけです。

・押して引いて
・一気に押し切る
・押して引いて、また、押して引いて
・押して押して、引いて引いて、一気に押し返す
・引いて、引いて、押し返す

このように、売り買いの綱引きが行われて、ローソク足は完成します。

ローソク足は、シンプルだけど、超奥が深い。

最近、、、

私がトレードをして、とても調子が良いときというのは、エントリー時・エグジット時に、ローソク足に対して真剣に向き合っているときだと感じるようになりました。
靴下へ謙虚に向き合っている越智さんのように、ローソク足に謙虚に向き合うことができた時のトレードは、清々しささえ覚えます。

自分がローソク足だったら、今は、どうなのか?


トレード時に、ローソク足の立場になってみると・・・
・エントリーすべきタイミングかどうか(売り買いの攻防の決着が着いたとき)
・エグジット(利食い、損切り)すべきかどうか

これが不思議とわかるようになりました。

そして、、、

ローソク足の立場になれたときのほうが、面白いぐらいに、勝率が上がるし、利益額が増えるし、早いタイミングでスパッと損切りもできるようになりました。良いことばっかりです。(笑)

ローソク足(の立場)になるには?


チャートを見た時に、自分がローソク足だったら、

・上がりたいのか、下がりたいのか、このままでいたいのか
・どこを超えたら、さらに上がりたいのか、または、さらに下がりたいのか

こんなことを考え続けていると、不思議と、ローソク足の気分になれます。(笑)
結果、より良い場面で、エントリー/エグジットのタイミングがわかってきたりします。

ローソク足の立場になってみると、「ローソク足&チャートを真剣に見る」ことができるようになります。

実際、トータルで、負けが多いときというのは、ルールを守っていないか、チャート/ローソク足を真剣に見ていないときが多いので、チャートやローソク足を深く真剣に観察できるようになれば、トレード勝率は格段に高まります。

ですから、、、

負けが続いている人にこそ、ローソク足になると良いです。(本当にローソク足になる必要はありません。イメージしてください。(笑))

私は、まだまだローソク足になりきれていませんが、ローソク足とイメージの中で一体化できた時、スーパートレーダーになれるのではと勝手に妄想しています。(笑)

 


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム