以前まで、私のトレードスタイルは、30分足を基準足としてトレードをしていました。

数十分~数時間ぐらいでトレードを終了する、スキャルピングという短時間トレードです。
獲得PIPSは10-30pipsぐらいを狙って、ストップは15-20pips以内ぐらいでした。

一日1-3回ぐらいトレードをして、細かく稼ぐというスタイルです。

多くのFXトレーダーは、このスキャルピングをやっていると思います。
ブログや教材で紹介されている投資手法の多くは、スキャルピングのトレード手法ですから。

スキャルピングは勝てるようになれば、利益を再投資することで、短期間で、どんどん投資金額を増やせるというメリットがあります。

一方で、俊敏さが求められること、焦りそうになること、繊細なトレードが求められること、タイミングが少しずれるだけでも損をしたり・利益が少額になるなどのデメリットがあります。ちょっと目を離したスキに、スキャルピングトレードの絶好のタイミングを逃してしまうということは結構あったりします。

30分足のトレードも面白いのですが、最近は、のんびりトレードをしたいので、4時間足を基準にしてトレードをするようにしました。

40を過ぎて、のんびりとトレードをしたくなったからかもしれません。(笑)

4時間足基準のデイトレードのメリット・デメリットはこんな感じです。

<デメリット>
・負けトレードの場合、損失pipsが大きくなる。-50pips以上になることも多い
・損失pisが大きくなるので、精神的な負荷がより大きい(連敗の損失額に耐えられなくなる、損切りが早くなってしまいがち)

<メリット>
・勝ちトレードの場合、獲得pipsが大きくなる。1トレードで、80-100pips以上は普通に狙える
・のんびりとトレードできる
・雇用統計など特に重要な指標発表以外、普通程度の指標発表時でもあまり気にならない(ストップロスを大きく設定しているので、ストップにかからないで、トレードを継続できることが多い。ただし、雇用統計などの重要な指標発表時は、トレードを控える。ポジションを持たないことが基本。指標発表時のリスクを下げるため、場合によっては、普通程度の指標発表でも、ポジションを持たないこともありえる)
・落ちついて判断できる
・トレード時間が短くて済む
・お昼休みとか、休憩時間、移動(通勤)中でも、トレードができる(10-30pips程度の動きはあまり気にならない。基本、数時間~数日以上の長時間、ポジションを持ち続けるトレードになるので、チャートを何度もチェックしなくても良い。エントリーをしたら、しばらくはほったらかしにできるので、仕事の休憩時間のトレードでも大丈夫)
・30分や1時間足で、動きが出ても、慌てず、冷静に対応できる。短時間の動きに惑わされ、まだ、抜けきっていないのに、飛び乗った後、逆に動いて、損をするということを避けられる

などなど。

今は、私が、4時間足にハマっているので、メリットが過剰になっています。あまり信じないほうが良いかもしれません。(笑)

4時間足を基準にしたトレードにしたことで、稼げる時は、かなり大きなPIPSを確保できるようになりました。
4時間足トレードなら、指標発表時などの動きが早まった時でも、冷静にトレードができ、焦りエントリー&エグジットがなくなり、ほったらかしにしていても気にならなくなりました。

経験則ですが、、、

トレードをする基準足が長い時間足になればなるほど、焦らず、冷静に、トレードできるようです。
かといって、週足でのトレードはちょっと長すぎるし、損切り幅もかなり大きくなりすぎるのでオススメできません。(笑)
まぁ、ゆっくりとトレードをしたいなら、4時間足とか日足が良いと思います。

5・15・30・60分足、これらの短期の足でトレードをしている方で、焦ってしまったり、トレード時間が取られすぎてしまっていたり、上手く勝てないなら、一度、4時間や日足でのトレードを考えてみてはいかがでしょうか?

もちろん、勝つためにはチャートを読み取るスキルは必須ですが、ややゆっくりと時間をかけてエントリー/決済をできるので、メンタル負荷が少なく、より冷静に、トレードをできるでしょう。

4時間足や日足のトレードなら、タイミングによっては、月に1-2回のトレードだけでも、数百~400pips以上の収益も確保できることができます。スキャルピングの短い足で10-20pips稼ぐトレードを何十回も行うことに比べると、とても楽です。(笑)

私の好きな石油/金/株価指数なら、ボラティリティが大きいので、本当にびっくりするぐらい少ない回数のトレードでも、一日に大きく取れることがあります。

私はトレードをとことん楽しみたいし、一方で、あまり時間をかけたくないし、チャートを凝視続けることもしたくないので、今後も4時間足を基準にしたトレードがメインになりそうです。

トレード疲れをしている方、
のんびりとトレードをしたい方、
トレードで焦りたくない方、
冷静なトレードをしたい方、

こんな方は、一度、4時間もしくは日足を基準として、デイトレードをやってみてくださいね。

ただし、一回あたりの損失(マイナスpips)が大きくなると思いますので、レバレッジは低く、また、投資金額を低くしておき、リスクを徹底的に抑えたトレードをすることだけは心がけてください。

数連敗しただけでも、100とか200のマイナスpipsになることもありえますので、10連敗とかしても気にならないぐらいのロット数で取引するのが基本です。

おそらく、多くの方は、パフォーマンスが改善すると思いますよ。
だって、ゆっくりだから、冷静なトレードができるので。。。


<FXで勝つための方法を無料で学んでみませんか?>

FX年間取引高5年連続「世界1位」のGMOグループのFXプライムbyGMOなら、無料で、「FXで勝つためのトレード手法が学べる」セミナーを受講できます。
セミナーの内容は、基本から応用まで、とてもわかり易く、高額な有料教材並みの価値があります。
セミナーは、スマホやパソコンを使えば、どこにいても受講できますし、講師に、質問をすることができますので、疑問を解消でき、正しくトレード方法を習得できます。また、過去の素晴らしいFXセミナーが、なんと100本以上、いつでもスマホやパソコンで受講できますので、より深く、FXを学ぶことができます。セミナー資料はPDFデータとして、無料で手に入れることができるので、復習も簡単にできます。わざわざ高額な教材や本を購入する必要はありません。

初心者や、FXで勝てない方が、FXで勝てるようになりたいなら、まずは、これらの無料セミナーを徹底して、学習するようにすると良いでしょう。

また、FXプライムbyGMOなら、1000通貨(5000円程度)からトレードを行うことができますので、少額資金でトレードの経験を積むことができます。スプレッド(手数料)も低く、メイン口座として十分に使えるFX業者です。

申込みはたったの5分。下記ページより、無料で、口座開設をすることができます。

FXのトレード手法が無料で学べる!FXプライムbyGMOの詳細はこちら>>

FXプライム