FXは、初心者やトレード技術のない人たちがカモになる世界:素人は大損するのは当たり前?


強いものが稼ぎ、弱いものが損をする。

それがFXの世界です。

勝つためには、「トレード手法の習得と、ルール通りにトレードを実行する強い精神力」が求められます。

FXはクリックだけで簡単にトレードできるので、「超簡単!」だと思われがちですが、FXを数週間体験すれば、その奥の深さ、甘くはないことを理解できるものです。

実力のない初心者トレーダーは、こてんぱんにやられるので、すぐにFXの現実を知らされます。

特に、FXを始めて1年以内の初心者や、スキルが未熟なトレーダーは、短期間、たまたま勝つことがてきても、半年~1年以上、毎月トータルで勝ち続けることは、かなり難しいです。

実力がないものは、負けるようになっているのです。

実際、、、

「FXトレードにおいて、勝った人の利益は、負けた人の損失が原資」となっています。

実力のない負け組たちが、実力のある猛者達の「カモ」になって、お金を取られてしまっているわけです。

弱いトレーダーは、悲しいぐらいに負けが増えますし、気がつけば、大損している人も少なくありません。

精神力・メンタルの弱い人の中には、冷静さを失って、多額の借金をしたり、全財産を投入して、破産・破滅をしてしまう方もいます。

FXのブログやホームページを見れば、大儲けした人もいれば、大損・破産するような損失をしている人も、たくさん紹介されていますが、事実かどうかはわかりにくいかもしれません。

実際に、どれぐらいの大損をしているのか、本当の損失金額がどれぐらいあるのか、知りたい方も多いと思います。

それでは、、、

「本当は、どれくらい損をしているのか?」、実際の損失金額について紹介しますね。

また、あなたにはFXで大損をしてほしくありませんので、大損をしないための方法について、これから、説明させていただきます。

FXトレードで大損している人たちは非常にたくさんいます!毎日、FXトレードで泣いている人がたくさんいるという現実。(涙)


冒頭で、説明させていただきましたが、FXトレードでは、勝った人の利益は、負けた人の損失が原資となっています。
毎分・毎時間・毎日のように、誰かが大儲けして喜んでいる一方で、どこかで、誰かが負けているわけです。

ヤフーファイナンススタジアムというサイトでは、YJFXというFX業者でトレードをしている方々の実際のトレード結果を確認できました。(2017年、ヤフーファイナンススタジアムサービスは終了しました。)

このサイトでは、日/週/月単位で、収益のランキングをチェックできたのです。
当時、月単位の下位ランクをチェックしますと、100万円以上の損失をしている人たちをたくさん確認できました。

2016年8月末の結果(1ヶ月間累計の収益)をチェックしましたら、月間で100万円以上負けていた方が、50名程度いらっしゃいました。そして、驚くべきことに、500万円以上!の損をしている方もたくさんいました。

下記に、2016年8月の損失額の一部を紹介します。

収益額の箇所が損失額です。

1 2 3 4

100万円以上損をしている人がたくさんいらっしゃいますね。
中には、1000万円以上の損をした方もいるようです。

これは、一社のFX業者だけの実績です。他のFX業者の実績も含めると、かなりの数のトレーダーが、毎月100万円以上の大損をしていることになります。

 

私自身も過去には大損をしたことがありますが、知人の一人は、500万円以上の損をしてしまいました。
次に、私の知人の大損事例を紹介します。

FXで大損・破産するのはなぜ?老後資金を使い切ってしまい、大損した知人のタクシー運転手のお話


私の知人に60代のタクシー運転手がいます。
昔から投資が大好きで、過去には株をやっていましたが、老後資金を確保するために、FXも開始をしました。

FXを始めた当初は、しっかりと勝つことが出来て、面白いように収入を伸ばしたようです。

「これで、老後も安定・安心!」だと思ったのも、つかの間、、、、

FX投資の実力がないものは、ちゃんと、負けるようになっているのです。
知人にとって、夢のような時間は、すぐに、苦しみの時間になってしまいました。

現実は甘くなかったのです。

100万円以上稼いだ金額は、どんどん減り、、、

大切な貯金にも手を出してしまいました。

少し勝っては、大負けしたり、連敗して、資金を減らし。
さらに、資金を投入しても、少し勝っては、大負けしたり、連敗して、資金を減らし。
また、資金を投入し、、、、

そして、、、

老後資金を稼ぐどころか、たったの数年で、FXトレードで800万円の大損をしていました。

さすがに借金をしてまで投資をすることはありませんでしたが、大切な老後資金のほとんどを使い切ってしまいました。

とてもまじめな人なんですが、典型的な、大損/破滅をするパターンの投資をやっていました。

知人と少し話せば、「このやり方では勝てないな?たぶん、大損をするな?」と思ってしまいますが、私のアドバイスを受け入れずに、大損トレーダーの典型的なトレードをやっていました。

下記のようなトレードをしている限り、トータルで稼げることはありえません。

・投資金額(取引通貨枚数)が大きい
>たまたま一時的に勝ったことがあっても、トータルでは負け続けている。勝てないトレーダーなのに、10万通貨以上の取引を繰り返し、一回あたりの損失額が膨大になっている。その結果、トータルでは大損している。

・貯金の大半を投資している
>大切な退職後のお金までFXに投資をしてしまっている。
お金に余裕がなくなったこと、また、大損失を取り戻したいという気持ちが強くなって、熱くなってしまっている。
冷静さが失われているので、エントリー/エグジットの判断を誤ったり、ルールを守れなくなっている。結果、損失金額は大きくなるし、負けが増えている。

・損切りができない
>明らかに、エントリーを間違えているとわかっているのに、すぐに、損切りができない。結果、強制ロスカットになるか、大損をした場面で損切りをすることになってしまう。損大利小のトレードになってしまっている。

・トレードの技術を習得していない
>そもそも、確固たるトレード技術を学習/習得していない。「適当」にトレードをしているので、エントリー/エグジットのポイントを判断できていない。

・トレードの振り返り/復習をしていない
>自分のトレードの見直しをしていないので、技術向上をしていない。

自分の実力がわかっていない、自分が見えていない
>たまたま、相場が良くて、勝てた過去の経験を、本人の実力だと過信してしまう。一方で、負けている現実/事実には目を向けず、本人は、実力があり、FXで勝てると思ってしまっている。
自信はあるようにみえるが、いざ、取引をやろうとすると、本来は、「自信がない」ため、利益が少なくても決済をしたり、損切りが出来ない。
自分の実力を向上させようとする意志がないため、相場に飲まれる、トレードしか出来ない

メンタルが弱い
>決めたことを守れない。ルールを破ったり、決めたことをやり続けることが出来ない、ブレることが多い。


こんな感じのトレードを続けていました。

FXトレードをする上で、大切なポイントをほとんど実行していないため、これでは勝てる訳がありません。

残念ですが、「負けるべくして、負けている」のです。

ご本人はとても自信を持っていたのですが、技術やメンタルが備わっていないため、勝てる要素がありませんでした。

残念ですが、800万円の損失になるのは、当然の結果でした。

最後に会ったとき、これからもFXを続けると話していました。

すでに、幾つかのポジションを持っていましたが、損切りすべきタイミングだと本人はわかっていても、「いや、今は、損切りをやりたくない。」とおっしゃっていました。

たぶん、そのポジションは、本人の予想以上に、大損になったかもしれません。

あれから、会っていませんが、おそらく、損失金額は1000万円を超えていると思います。

その後、損失を取り戻せる優れたトレーダーになったのか、耐えられなくなってFXを完全にやめたのか、それはわかりません。

大損をしても、諦めないなら、勝てるトレーダーになれる

FXで大損して、大半の貯金を失ってしまって、「FXを完全にやめる」というのも、良い決断ではあると思います。
FXをやるのも自由、やらないのも自由ですから。

ただ、、、

FXで稼ぎたい、損した金額を取り戻し、最終的に、高収入を得たいというのであれば、FXを続けるのも良い選択だと言えます。

FXで大損する理由をいくつか説明しましたが、一言にまとめると、「メンタルが弱い」ということにつきます。

メンタルが弱いから、、、、

「お金をもっと稼ぎたい。」「楽して稼ぎたい。」「損を取り戻したい。」「損をしたくない。」

というような心理をコントロールできずに、投資金額を増やし、<無謀で無茶苦茶>な投資をしてしまうのです。

特に、お金に飲まれやすく、興奮しやすい方は、無謀で無茶苦茶な投資をしないためには、このページに書いているような、お金に飲まれない強い心を作る必要があります。

ですが、多くの方は、メンタルを鍛えることをしないまま、FXに挑んでしまいます。

その結果、コテンパンにやられてしまうのです。

実際、メンタルはトレーニングをすることだけでなく、「負けたり、損をする」ことでも、少しずつ、鍛えられることもあります。

大損の経験は、とてもショックを受けさせ、落ち込ませ、怒り、イライラ、悲しみなどが溢れさせる原因になります。

とてつもない厳しい経験が、突然、雲が晴れるように、否が応でも、「やってはいけないこと」を、理解させてくれるのです。

心から「やってはいないこと」が理解できたとき、大きく心が成長するのです。

大損で鍛えられたことで、最終的には、無茶苦茶なトレードをしなくなり、気がつけば、コツコツと勝てるトレーダーになれたりします。

だから、、、

大損をしたことは、凄く嫌な経験かもしれませんが、その経験を活かし、学ぶことで、勝てるトレーダーに近づくことができるということです。

大損をして諦めてしまうのも良いですが、FXで稼ぎたいなら、何度も負けて、大損をした経験を活かして、「痛い目にあわないためにも、大損するようなトレードをしない」ことに、チャレンジすると良いでしょう。

大損を繰り返し、大損から謙虚に学び、勝てるトレーダーになれる道もあるということです。

私の知人も、大損から学び、「今度こそ、やってはいけないトレードをしない」ことを理解し、今頃、勝てるトレーダーになっていることを願うばかりです。

なお、、、

FXで、大損をしない方法というのは、とてもシンプルです。

正しく、リスクを抑えた投資を行えば、安全に投資を行えます。
一方で、欲に負けて、危険な投資をおこなば、大損・破産することだってありえるわけです。

実際、私は、FX投資を安全に行うように心がけています。
ですから、過去3年以上、FXで大損をしたことはありませんし、危険な経験をしたこともありません。

為替相場が大きく動いた、大きな経済ニュースが起きたときでも、気楽に、トレードをしています。

今は、完全に、安全運転のFXトレードを心がけていますので、投資でありながらも、楽しみながら、トレードをやっています。

正直、全く危険だとは思いません。

では、、、

あなたには、大損をしてほしくないので、大損を避けるFXトレード方法を説明しますね。

安全運転さえ行えば、FXは、怖くありません。

FXで大損・破産をしないため、悲しい経験をしないためにも、ぜひ、これから紹介させて頂く、大損をしないルールを守っていただきたいです。

大損/破産/破滅しないために!安全運転のFXを心がけよう!

20

FXで大損しないためには、下記を守ると良いです。
少し利益が少なくなっても、FXでトータルで勝つため、大損して退場させられないため、何よりも、あなたの大切なお金を守るために、実行していただきたい内容です。

<FXで大損/破産しないための注意点>

・1回のトレード投資金額を抑えること

FXでたくさん稼ぎたい気持ちはわかりますが、投資金額が大きくなるということは、収入が大きくなる一方で、損失も大きくなるということです。

大損をしないために、一回あたりのトレード投資金額は、「損をしても気にならない金額」で、投資を行うようにしましょう。

そもそも、、、、

「損をしたら気になってしまう=悲しくなる=後悔する=非常に落ち込む」

このような、自分に見合わない金額の投資をしていると、FXトレードの際に、とても緊張をしてしまいます。緊張は、メンタルを崩壊させ、冷静さを失わせたり、ルール通りのトレードが出来ないことを引き起こします。結果、負けが増えてしまうのです。

だから、負けを増やさないため、損失金額を許容範囲内におさえるためにも、「損をしても気にならない金額」で投資を心がけることが大切です。

・レバレッジを高くしない

レバレッジを使えるのは、FXの魅力の一つですが、これは、諸刃の剣です。

最大レバレッジ:25倍を使えば、利益は25倍になりますが、負けてしまえば、損失金額は25倍になってしまいます。金額が大きければ、大損することになってしまいます。

初心者や、スキルの未熟なトレーダーが、高いレバレッジでトレードをすれば、資産の大半を短期間で失うことだってありますから、とても注意が必要です。

私がオススメする最適なレバレッジは下記です。

<FXお勧めレバレッジ>

3万通貨未満まで:最大レバレッジ25倍
3万~5万通貨未満まで:最大レバレッジ10倍
5万通貨以上:最大レバレッジ5倍

これなら負けが続いても、投資資金の大半を失うことはほとんどありえません。

大損をしたくなければ、これぐらいのレバレッジで、トレードをするようにしましょう。

・年間の投資資金を決める


FXで負けが続いてしまいますと、「負けた分を取り返したい!」という気持ちが、とても大きくなってしまいます。

その結果、たくさんのお金を、何度も、FX口座へ送金/振込をすることになってしまいます。

そして、最初は少額のつもりだったFX投資が、いつの間にか、とんでもないぐらいの投資金額に膨らむことになってしまう方も、少なくありません。

まさに、知人のタクシー運転手が800万円以上の損失をしたのは、このパターンです。

最初は少額からスタートしたけれど、負けが少しずつ増えてくると、、、

「損を取り戻したい!」
「これだけ損をしたのに、やめてしまったら、大損して終わってしまう。それは、絶対に嫌だ!お金を入れて、FXをどんどんやるぞ!今後こそ、勝てるはずだ。」
「損を取り戻すには、大金を稼げるFXしかない!」

と、気持ちが高揚してしまいます。

短期間でお金を取り戻そうとして、お金をさらに投資をし、高額な投資をしてしまいます。

もちろん、アツイキモチは、冷静さを失わせ、さらに、負けが増えてしまいます。
そうなると、年間で、取り返しのつかないほどの損失をすることになってしまうのです。

大損しないために、、、、

「年間の投資金額を決めておく=それ以上は、たとえ、負けても、投資金額を増やさない」という鉄のルールを決めておくことがポイントです。

仮に、年間30万円とか、年間100万円とか決めたら、それ以上は、新規にお金を振り込まないことです。

大損しないために、とても大切なルールです。

・生活資金を使わない!借金は1円でもアウト!

FX投資は「余裕資金」「小遣い」で行うこと。
決して、日々の生活に必要な、生活資金には手を出さないようにしましょう。

また、借金をして、FX投資を、絶対に、絶対に、やってはいけません。
破産/破滅の方向に進んでしまうだけです。

実際、生活資金や借金で、FXをやってしまうと、自分が思っている以上に、「ものすごいプレッシャー」がかかります。

絶対に稼がないといけないという気持ちが強すぎ、トレードが、めちゃくちゃになりがちです。

メチャクチャなトレードとは、、、

高いレバレッジ
よくわからない箇所でエントリー・決済(ルールを完全無視)
ちょっとしたミスを繰り返す
利益を早めに確定したくなる(利小)
損切りできない(損大)

こんな感じで、恐ろしいぐらいに負けが増えたり、損失金額が大きくなります。

メチャクチャなトレードをしないためにも、FXは小遣いや余裕資金で、行うようにしましょう。


以上が、大損/破産をしないために守りたい重要ポイントでした。

FXで稼ぐため、大損しないため、後悔しないため、また、FXを楽しむためにも、これらのポイントは守っていきたい点です。

私は、FXを長く楽しみたいので、徹底して、気楽に、守るようにしています。


<まだ、FXで負け続けていますか?大手企業のプロ講師が作った「無料FX教材」で、今度こそ、FXで稼ぎませんか?>

FXで、「今すぐ」稼ぎたいというのが、正直な本音だと思います。

今すぐ稼ぐことはできませんが、悔しい損失を大きく減らし、短期間で、稼げるようになる方法はあります。

それが、プロも使っている「基本の王道的なトレード手法」をマスターすることです。

遠回りのように思えますが、実は、最短で勝ててしまう。そんな「王道的なトレード手法」を無料で学べる教材を紹介します。

無料教材の内容は、以下で、詳しく紹介しています。

今度こそ、勝てるトレーダーに。プロが教える「無料のFX」教材はこちらをクリック>

予想とは逆に動くトレードから卒業したい?>>>