あなたは、FXで、エントリー後に、自分が思っていた方向と逆に動くことで悩んでいませんか?

こんにちは。(こんばんは。)
このブログ記事にお越しいただきまして、ありがとうございます。

さて、、、

あなたは、FXで「勝ちたい!」と思って、FXトレードを実践したり、FXトレードの勉強をしておられると思います。

多くの人は、勉強を嫌がることが多いのですが、しっかりと、勉強をして、勝つ技術を習得しようとする、あなたは、とても素晴らしいし、素敵だと思います。

日々、他にもやるべき生活がある中、よく頑張っておられ、スゴイと思いますし、尊敬しています。
勝ってても負けてても、全く関係なく、何かに一生懸命取り組むのは、カッコいいですし、本当に素敵なことです!

さて、、、

そんな素晴らしいアナタですが、もしかしたら、まだまだ、FXで勝てていないかもしれませんね。

「エントリーをした後、自分の意図とは違った反対の方向にレートが動いてしまう」という体験で、苦しんでいるかもしれません。

「上がると思ってエントリーしたら、下がり。。。」
「下がると思ってエントリし-たら、上がり。。。」

まるで、「誰かが操作をしているのでは?」と思うほどに、見事に予想が外れてしまい、打ちのめされているという方も、たくさんいらっしゃるでしょう。

トレードをすればするほど、負けが増えるばかりで、とても悔しいし腹立たしいと感じているかもしれませんね。

たとえ、エントリーと逆に動く体験をしていても、あなたなら大丈夫です。

「逆に動いて損をしてしまう」という経験を繰り返しながら、だんだんと、正しいエントリーポイントを身体で覚えられるようになっていくことができます。

つまり、あまり実感をしていないと思いますが、損をする体験をしながら、技術が少しずつ高まっているのです。

自転車に乗れるようになるためには、何度も転んだりして痛い目にあう必要があることと同じように、勝てるトレーダーになるためには、「逆に動く」という失敗経験をつむことも必要なのです。

むしろ、初心者や経験の浅い方こそ、「逆に動く失敗経験」を、数え切れないほど、経験していただい方が良いです!できれば、リスクを抑えるために、投資金額を少なくした上で、どんどん、堂々と失敗をしても大丈夫です。

実は、損ばかりしてどうしようもないと思っているような経験を繰り返すことを通じて、体験的な学習をすることができており、勝てるトレーダーへの道を進んでいるのです。

だから、現状で、自分の思いとは逆に動くことを体験していても、全く問題ありません。むしろ、負けながら、あなたは、どんどん成長しているのです。勝てるトレーダーに近づいているんです。大丈夫です!

なお、、、

少しでも早く、狙った方向に動くようなエントリーをしていただけるように、効率的なトレード方法を説明させていただきます。

これから説明させて頂く内容を理解して頂き、練習&実践を繰り返せば、高い確率でエントリーした方向に動くトレードをすることができるようになります。

逆に動く理由:チャートを読み取れていない。でも、大丈夫。慣れてくれば、読めるようになります!

7309962
あなたの予想が外れて、多くの場合、逆に動いてしまうのは、一言で言いますと、チャートを読み取る力が不足しているということです。

チャートを読み取るとは・・・

・今はトレンド相場なのか、レンジ相場なのか
・注目ポイント(前回安値/高値・移動平均線/水平線・トレンドライン/ボリンジャーバンドとの接点など)との距離
・00ポイント(ドル円・ポンド円・ユーロ円の場合、たとえば、110.00,111.00というように、下一桁/二桁が00になる箇所は、非常に注目されるポイントになりやすい。抜けにくく、抜ければ、一気に、動く可能性が高い)
・小さな時間足(5分,15分,30分,1時間)だけでなく、大きな時間足(4時間,日足)もチェックしているか
・ロウソク足の状況(長さ、陽線・陰線、ヒゲ)

これらを瞬時に確認できるようになることです。

特に、トレード経験が1年未満の初心者は、チャートを過去に見た総閲覧時間が少ないため、過去の記憶から推測することができずに、チャートを読み取ることがうまくできないことが多々あります。

繰り返し、長期間、チャートを見ていると、

「今は、トレードするタイミングであるのか?それとも、まだ、待つべきか?」
「現状は、上がるか?下がるか?上がりも下がりもしないのか?」
「どこのポイントに達したら、エントリーすべきか?」
「どこのポイントに達したら、利食いすべきか?」
「どこのポイントに達したら、損切りすべきか?」

というのがわかるようになります。

チャートを読む力/環境認識ができるようになれば、高い確率で、勝てるようになりますし、負けにくくなります。

チャートの理解/環境認識はFXトレードの基本中の基本になりますので、何度もチャートを見ることで、エントリーやエグジットのタイミングが瞬時にわかるようになります。

スマホ/パソコン/紙のノートなどに、トレードの記録を残すことも有効です。記録した内容を何度もチェックし、検証を繰り返すことで、より早く、「エントリーを失敗した理由」「エントリーをしてはいけない箇所」「エントリーしたほうが良い箇所」が頭&身体で理解できるようになります。

そうなれば、エントリーした方向に、高い確率でレート(値)が動くようになるでしょう。

なお、、、

実際に、どんな場面で、エントリーすると、逆に動くことになりやすいのか、具体例を二つほど紹介しましょう。
素晴らしいアナタなら、これらの場面に注目をしていただくことで、勝てるトレードをできるようになるでしょう。あなたなら、大丈夫です。

反対に動くのは、どんな場合が多いのか?:①よくわからない箇所でエントリーをしている!

361747

上がるか下がるかよくわからない、はっきりしていない場面でのエントリーは、逆に動くことになりやすいです。

たとえば、下記のチャート。

a

この場面は、相場が膠着(こうちゃく)しており、上下の変動があまりない、レンジ相場と言われる状況です。

陽線・陰線が代わる代わる出ており、陽線と陰線、どちらの線にも優位性を感じることができません。

次に、陽線がでるのか、陰線がでるのか、上がるのか、下がるのか、全く予想ができない相場です。このような場面でエントリーしてしまうと、予想が外れて、逆に動くことが多いです。

「よくわからない場面、特に、上記のようなレンジ相場は、トレードをしない」という選択をするのが良いということです。

一方で、上もしくは下へ勢いよく動いている、トレンドと言われる相場なら、予想がつきやすいです。
たとえば、下記のような、チャート場面でエントリーすると勝ちやすいです。

b

この場面は、上昇傾向が続いている、上昇トレンドと言われる相場状況です。

陽線が多く、陰線は少ない。
陽線に勢いのある相場です。
このような相場では「上がる」ことを予想して、エントリーをすれば、逆に動くことはあまり少なくなります。

最初に紹介したチャートと比べると、明らかに、こちらの相場のほうが予想がしやすいし、初心者でも勝ちやすいです。

特に、初心者や負けることが多い方は、このような、上がるか下がるかがはっきりしている場面で、エントリーすることをおすすめします。

反対に動くのは、どんな場合が多いのか?:②勝敗がついていない場面でエントリーをしている

296510
FXは、完全なバーチャルの世界でありますが、たくさんの投資家との心理戦が行われています。
お金に対する不安・恐怖・期待などの心理が入り混じって、チャートができあがっており、トレードが行われています。

実際、FXトレードにおいては、常に、「上昇して欲しい!」側と「下降をして欲しい!」側の綱引きが行われています。
特に、前回安値/高値のチャートポイントにおいては、その心理戦が激しくなります。

まだまだ勝負している段階=勝ち負けの決着がついていない場面=どちらに動くかはっきりしない場面では、エントリーしても逆に行く事が多く、エントリーをしないほうが良いです。

もっとも望ましいのは、上がることを期待する側と、下がることを期待する側の勝敗がはっきりした後に、エントリーすることです。

たとえば、下記のチャート

828

黒◯のヒゲがでている箇所では、前回安値を抜けています。
その時に、「よし抜けた!下がる可能性が高い!」と思って、エントリーをしてしまう方がたくさんいます。

しかし、エントリー後は、押し戻されて、逆に動いてしまい、損切りをすることになってしまいます。

この黒◯の時点では、前回安値を抜けたのは、短時間だけです。
最終的なローソク足が確定したときには、実態は完全に抜け切れていないのです。

より高い確率で勝つためにも、もう少し待って、完全に抜けきった後、下がることを期待する側が勝ったことを確認後、エントリーしたほうが良いです。

しエントリーが遅くなっても、ローソク足が確定し、抜けたことを確認したあとで、エントリーするほうが勝ちやすいです。

たとえば、以下の場面。

d

青◯の箇所、これは完全に前回の安値を抜けていますので、勝ち負けがはっきりしています。
この場面は、売る側が買う側に勝利をした状況になっていますので、売りでエントリーすると、高確率で勝ちやすいです。

このように、売り側もしくは買う側の勝敗がはっきりとついたあと(ローソク足が確定し、完全に抜けきったあと)、明らかに、上昇する、もしくは、下降するであろうと自信をもって、トレードできる場面でエントリーをすることが大切です。

勝敗が決定していれば、自分の思った方向通りにレートが動きやすくなり、勝ちやすくなります。

今回の例は安値を超えた場合の例をあげましたが、逆に、抜けきれなかった高値を巡る攻防にも同じことが言えます。抜けきれなかった高値を抜けきって、勝ち負けがはっきりした場合は、買いのエントリーをしたいところです。

他にも、「上がるか下がるかの攻防」のある箇所があります。

例えば、有名なトレンドライン。
また、00ポイント(例えば、ドル円(ユーロ円、ポンド円)では、111.00,108.00のように、小数点第一・第二位が00となるポイント:ユーロドル(ポンドドル)では、1.3100,1.1500のように、小数点第三・第四位が00となるポイント)は、「勝ち負け」の攻防が起きやすいポイントですので、注目したい点です。

もちろん、上がるか下がるかの勝ち負けがはっきりしたら、勝った方向にエントリーしたいものです。

反対に動くのは、どんな場合が多いのか?:③不安・自信がないトレードは、逆に動き、負けるようになっている?

FXトレードでは、思考/精神状態が、トレード結果に大きな影響を及ぼしてしまいます。

特に、FXトレードで勝つためには、「自信」がとても大切になります。
自信がなければ、正直、驚くほど負けやすくなります。

人によっては、

「FXはトレード前に勝てるか負けるかが決まっている。

 トレード前に勝てると思っている人は勝てる。

 トレード前に、勝てないかも・負けるかもと思っている人は負ける。」

こんなことを言う方もいますが、とてもあたっていると思いませんか?

実際、初心者や負けることが多いトレーダーは、エントリーをしたあとに、、、

・また、逆に動くかも・・・
・また、失敗トレードをした・・・
・また、負けてしまうかも・・・
・勝てる自信がない・・・

このようなことを考えてしまいがちです。

トレード時に、「自信がなければ」、殆どの場合は、その不安は的中し、見事に負けることになります。

大事なことなので繰り返しますが、、、

「自信の無いトレードは負けやすい=逆に動くことになる」のです。

これから、エントリー後、逆に動くことを避けるため、また、負けないためにも、なるべく、「勝てる!」という気持ちでトレードをしていただきたいです。

そのためには、次のことをやってみましょう。
実践すれば、面白いように、思ったとおりのトレードができちゃいます。

・「勝てる!勝つ!」と信じられる。気合を入れたり、強い言葉を繰り返してみる。

ご存知だと思いますが、元プロスポーツ選手の松岡修造さんは、選手を応援する時に、気合いと気持ちを入れていますね。

時に、気持ちが入りすぎて、空回りしてしまうときもあるようですが。(笑)

スポーツの世界では気合いや気持ちを入れるために、「いくぞー!」「いけるぞー!」などと大きな声で、前向きな言葉を使ったりするのは、効果がある証拠です。

不思議なんですが、良い言葉や気持ちを入れると、良い結果が出そうな気がするし、結果、そうなるんですね。

スポーツの世界だけでなく、他の分野でも、言葉の力は大切です。

たとえば、大手企業:日本電産 創業者の永守重信さんは、次のようなことをおっしゃっています。

永守さんは、過去の経験から、おっしゃっています。


創業間もないころの日本電産は、私の家の一室で図面を引き、桂川の堤のそばにあった30坪ほどの染め物工場の1階を借りて、旋盤とボール盤、プレス機を1台ずつ入れて仕事を始めたんです。

どこへ行っても仕事はもらえず、やっと受注できた仕事といえば過酷な注文がつくためにほかのメーカーのどこもやらないような仕事ばかり。技術者みんなに言うと絶対無理だと言う。そういうときはみんなを立たせて、いまから出来る出来ると100回言おうというわけです。

「出来ます。出米ます。出来ます……」。
「どうや」と。

「いや出来ません」。

今度は1,000回言う。

そうすると不思議なことにだんだん出来る気分になってくるんです。

そういう気分になったところで一気に始める。すると、客先の要求する性能に及ばないまでもかなりレベルの高い製品が仕上がる。
(以上、雑誌『致知』(ちち)1999年7月号 メルマガより引用)


これを信じるか信じないかは、人それぞれだと思います。

実際には、言葉の力というのはすごい力になると思いますし、メンタルがとても重要なFXこそ、メンタルを強くするためにも、言葉の力に頼るのも大切なのでは思ったりします。

だから、、、

トレード前やトレード時に不安なときこそ、、、

「勝てます、勝てます、勝てます、、、」とか、

「勝てる、勝てる、勝てる、、、、」という言葉を繰り返してみるのは、意外に、効果があるということです。

特に、弱気で不安な気持ちでトレードしている人こそ、100回とか、1000回とか、バカになって、「FXで勝てる」と言うのは良いと思います。

不思議なんですが、繰り返していると、FXに自信がでます。
自信が出れば、不思議と、思ったどおりに動きやすくなるし、良い箇所で、決済できるようになります。

ちなみに、永守さんは次のようなこともおっしゃっています。

「物事を実現するか否かは、まずそれをやろうとした人が“出来る”と信じることから始まる。

自ら“出来る”と信じたときにその仕事の半分は完了している」


まさに、FXもそうなのではと。。。

<自ら「FXで勝てる」と信じた時に、そのトレードの半分は完了している>

と言い換えることができるかもしれませんね。

そのために、「勝てる」「勝てている」という言葉を繰り返してみるのも良いですよ。

・トレード手法を完全にマスターすることが最短で勝てる道

逆に動くのは、そもそも、トレード手法をマスターできていないということです。

もう一度、あなたが取り組んでいるFXのトレード手法を学習して、完全に実行できているかどうか、確認してはいかがでしょうか?

トレード手法の理解が浅かったり、手法通りのトレードができていなければ、逆に動くのは当然です。

負けることが増えてしまうと、トレード手法を信じられなくなり、どんどん自信を失い、「今度も負けるかも・・。」という気持ちで、トレードをして、さらに負けを増やしてしまうのです。

その悪循環から脱出するためには、繰り返しますが、「もう一度、あなたが行っているトレード手法」を学習・復習して、理解し、さらに、実践できるようにしましょう。

頭で理解していると思っていても、まだまだ、知識が浅かったりすることはよくあることです。

勝てる手法をしっかりと学習すれば、当然ですが、逆に動くことが減り、自信が出てくるようになります。
自信ができれば、良い結果になる可能性も高まり、さらに、勝てる確率が高まるのです。


以上が、逆に動くトレードを減らすための方法です。

ここまでお読みいただいた、FXに真剣に取り組んでおられ、忍耐力のある、素晴らしいアナタでしたら、「大丈夫」です。
素敵なアナタなら、FXで勝てるトレーダーになれることを信じています。

説明させていただいた方法に取り組んでいただくことで、エントリー後、予想通りになる確率がかなり高まります。
何度も練習/検証して、最低でも5-7割以上は、思った通りに動くようになることを目指したいものです。

これから実践や練習をしていくと、、、

・逆に動くことを何度も経験することになるかもしれません。
・逆に動いてばかりで、虚しくて、悲しくなるかもしれません。
・逆に動くことが多く、自信をなくすこともあるかもしれません。
・学習をすればするほど、結果は悪くなることもあるかもしれません。

それでも大丈夫ですからね!
たくさん、逆に動く経験をしたり、失敗をすることで、あなたは、どんどん強くなっています。
負ける経験を通じて、「勝ち組トレーダー」に向って前進していますから、問題ありません。
大丈夫です!
あなたが、FXを続けていけば、勝てるトレーダーになれます。
そう強く信じています。

あなたなら、大丈夫です!

なお、、、

あなたが、FXトレード手法をマスターしておらず、優良なFX教材を手に入れていないなら、オススメの無料FX教材を紹介いたします。トータルで勝てるようになる「王道的なトレード手法」を学べる無料FX教材です。わかりやすく、シンプルな方法ですから、習得しやすいです。

もし、優良なFX教材を持っていないなら、下記の無料FX教材を手に入れると良いでしょう。もちろん、すでに優良なFX教材を持っているなら、手に入れる必要はありません。その教材を学習続けると良いです。

王道的なトレード手法が学べる、無料FX教材の詳細はこちらをクリック>>>


<FXの学習を頑張っている、素晴らしいアナタへ 大切なあなたに、「FXで勝てる」無料のFX教材を紹介します>

FXで負ける日々は、とてもつらいと思います。

頑張ってトレードをしているけれど、勝てないと、苦しいですね。

たとえ、負けても、FXを続けている、アナタは、本当によく頑張っているし、素晴らしいと思います。あなたの頑張りは必ず勝てるトレーダーへつながっていると思います。大丈夫ですからね!

そんな素晴らしいアナタにおすすめの無料教材を紹介します。

たくさんの投資家に指示されている「王道のトレード手法」を基礎から学ぶことができます。

たくさんのプロ講師陣が、「アナタがトータルで勝てる」ことを願って、愛ある講義をしてくださっています。無料教材の内容は、以下で、詳しく紹介しています。

今度こそ、勝てるトレーダーに。プロが教える「無料のFX」教材はこちらをクリック>

予想とは逆に動くトレードから卒業したい?>>>