負けた時こそ、本当の実力がさらけ出される時だ!負けたときの態度/心が駄目なら、トレードで勝ち続けることは不可能だ!

3


勝負の世界というのは、どんなに強い人・チームでも、いつか負けるときがくるものです。

特に、試合数が多い、野球やサッカーのようなスポーツでは、全勝優勝することはかなり難しく、どんなに強いチームでも、何試合かは、負けてしまうものです。

FXトレードにおいても、どんなに最強のITシステムを使っても、強靭なメンタルと最高の技術を有した個人トレーダーであっても、全勝することはできないです。

トレードを繰り返していけば、必ず、負けるものです。

実際、FXなら、損小利大のトレードを目指せば、勝率6-7割ぐらいをキープするだけでも、十分に稼げます。

10回で3-4回は負けることができるわけですが、初心者や、スキルの乏しいトレーダーであれば、10回して、8回とか、9回とか負けることも多々あるものです。

私が初心者の頃は、10連敗ぐらいは、何度も経験したことがあります。(涙)

まぁ、FXをやっているかぎりは、「負け」と付き合うことになります。。。

さて、、、

私が、FXの技術向上をする上で、とても参考にするのが、企業経営やスポーツの世界です。

特に、スポーツの世界から、スポーツ技術の向上方法を徹底的に研究し、FX技術向上に活かすようにしています。

スポーツとFX。

一見、全く違うように見える世界であっても、「技術向上」という根本的に大切な点において、本質的には変わらないと思っているからです。

ですから、今となっては、FXのトレード技術向上のために、新しいFXの本やブログなどを見ることは、ほとんどないです。

むしろ、スポーツ選手が行っているトレーニング方法・インタビューや、各チームがなぜ優勝できたのかについてのホームページや本/雑誌を読むことが多いです。

これらから学べることのほうが、FXの本よりも、多かったりします。

少し脱線しましたが、『負け』について、話を続けます。。。

FXのような勝負の世界では、負けはつきもの。
できれば、負けたくないのですが、必ず、何度かは負けてしまうわけです。

では、
「負け」について、とても興味深いお話を紹介しましょう。

ある高校野球の名監督のお話です。
今は監督を引退しておられ、全国の様々なチームの指導をおこなっておられます。
その方が、あるインタビューで、

「私は高校野球の大会を観戦する際に、必ず、チェックすることがあります。

それは、負けチームを観察することなんですよ。

負けたときの悔しさ/悲しさを監督や選手たちがどのように受け止めているか、それを見るわけです。
負けチームの様子を見るだけで、このチームがこれから強くなるのか、それとも、成長する可能性は低いのか、判断できます。

実際に、どのような箇所をチェックしているかどうかの説明はありませんでしたが、私にとって、この言葉はとても衝撃的でした。

平常時よりも、本人にトラブルや問題がおきたときこそ、その人の本来の実力や人間性がわかるものです。まさに、負けたときというのは、人間の本質が出やすいです。負けたときの姿こそ、本人の実力がさらけ出される状況だといえるかもしれませんね。

負けた時、あなたの態度はどうなりますか?

1

私は、パチンコ・スロット、競馬のようなギャンブルはしません。
ただ、FXで勝つためのメンタルを勉強するために、パチンコ/スロット/競馬などのギャンブル関連の本はたくさん読みました。

実際、パチンコ/スロットで負けたりする方の中には、機械にやつあたりをするかたもいるようですね。もちろん、機械を殴ったりしても、何も得られません。むしろ、手が痛くなったり、怪我して、損するだけです。(笑)

ギャンブルで負けたときに、機械や人に対して、ひどい態度を取る。
こういうタイプは、まさに、負けたときの態度が良くない事例だと思います。

負けたときに、感情的になって、怒りやイライラを出しすぎる人というのは、残念ですが、完全に「負けに飲まれている状態」です。
もちろん、このようなメンタルでは、ギャンブルの世界で、簡単にお金を使い切ってしまうでしょう。

FXも、同じです。

負けたときに、、、

・パソコンやスマホに八つ当たりしようとする(たとえば、スマホを投げる!(涙))
・とても落ち込んでしまう
・イライラしてしまう
・怒りの気持ちが出てしまう
・何度も後悔して、忘れられない
・血圧が上がる
・何もかも嫌になる
・お酒に逃げる
・タバコを大量に吸ってしまう

などなど。

FXで負けたことで、上記のような態度を頻繁に取るようであれば、「負けに飲まれている」と言えます。
負けたことに飲まれてしまうようなメンタルでは、実際のトレードにおいても、冷静なトレードをあまりできないはずです。
だから、さらに、何度も負けてしまうわけです。

負けたときこそ、、、

・「単なる負けにしか過ぎない」と、冷静に考える
・次、勝てば良いと、淡々としている
・心は、落ちついている
・「まぁ、負けることもあるかな。」と、むしろ、負けたことを楽しめている
・トータルで勝てると信じており、何も気にしない
・負けても、ぐっすり眠ることができる

このような態度を取れる人、つまり、「負けにのまれず、負けを受け入れる」ことができているなら、次以降、勝てる可能性が高いです。
たとえ、今は、負けトレーダーであっても、将来は、勝てるトレーダーになる日も近いでしょう。

では、、、

あなたは、、、

負けた時、どんな態度を取っていますか?

もし、負けた状況に飲まれているなら、まだまだ、メンタルが弱いかもしれません。
負けたときこそ、「問題なし。次勝てばOK!」と考えて、前向きにトレードを楽しみたいものです。


<まだ、FXで負け続けていますか?大手企業のプロ講師が作った「無料FX教材」で、今度こそ、FXで稼ぎませんか?>

FXで、「今すぐ」稼ぎたいというのが、正直な本音だと思います。

今すぐ稼ぐことはできませんが、悔しい損失を大きく減らし、短期間で、稼げるようになる方法はあります。

それが、プロも使っている「基本の王道的なトレード手法」をマスターすることです。

遠回りのように思えますが、実は、最短で勝ててしまう。そんな「王道的なトレード手法」を無料で学べる教材を紹介します。

無料教材の内容は、以下で、詳しく紹介しています。

今度こそ、勝てるトレーダーに。プロが教える「無料のFX」教材はこちらをクリック>

予想とは逆に動くトレードから卒業したい?>>>