こんにちは。
このブログ記事に来ていただいて、ありがとうございます。

最近は、あるがまま、思うまま、ゆる~くトレードをしています。
こっちのほうが楽しいですし、明らかに、成績が良い感じです。

さて、、、、

FXトレードを始めると、すぐにトレードをやりたくなって、良いタイミングではなくても、エントリーをしてしまう=ポジポジ病(ポジションを持つ病?)

実際、ポジポジ病を克服できずに、悩んでいる人も多いと思います。

ポジポジ病を克服するためのアドバイスですが、、、

ちょっと前までは、
「とにかく、良いタイミングになるまで、ポジションを取らないようにすること!」
「エントリーしたい気持ちに負けないこと!(気合でポジポジ病を抑えましょう!」
というような、一般的なアドバイスをしていましたが。

今考えれば、ちょっと無理があるなーと思っています。

きっと、ポジポジ病で困っている人たちは、すでに、「気持ちや気合い」で抑えようと、努力してしていると思うんですよね。

ポジポジ病のトレードは、やればやるほど損をするのもわかっておられるだろうし、「すぐにポジションを持たないようにしよう!」と、強く意識されていると思います。

それでも、、、

どうしてもエントリーしたい気持ちに負けちゃうんだと思うんです。

その状況を克服するために、

「ポジポジ病を繰り返すのは気合が足りない!さらに、気合いを入れましょう!」

というのは、やっぱ、無理があると思います。

「気持ちや気合い」で、自分の欲望を抑えることって、そんなに簡単ではありません。
むしろ、抑えた気持ちは、どんどんたまって、あとで爆発してしまることだってあるでしょう。
さらに、エントリーしたくなってしまい、どんどんポジポジ病の病にはまっていくことになることになりかねません。

一般的なアドバイスとは逆になりますが、ポジションを持ちたい気持ちは、むしろ抑えすぎないほうが良いと思っています。

「ちょっとぐらいポジポジ病でも良いんじゃない?」

ということです。

すぐにエントリーをしたくなったら、その気持ちを素直に受け入れて、エントリーをすればよいのでは???

と。。。

もちろん、負けることになる可能性が高いですが、、、。

そんなに怖くはないんですよね。

なぜなら、、、

・良くない場面で、ポジってしまったことに気づき、早めに損切りをすれば、損失はかなり低く抑えられるとも思います。「あー、ポジっちゃった。」と思ってから、ササッと退場すれば良いのです。
 デイトレでドル円のトレードなら、5-10pips前後のマイナスで終えられるのではと思います。
・損切りをしっかりと行えば、致命傷にもならないだろうし、何度も負けても、大損することもないでしょう。

まぁ、こんな感じで、とてもリスクが高くなるわけではありmせん。

「ポジポジ病ぐらい全然OK」と思って、ゆるーく、ポジポジ病の症状と付き合っていけば良いと思います。そのほうが、ポジションを持ちたい気持ちが、かえって、強くなりすぎないことになります。

これは、「ポジポジ病の自分は全然だめだ!」と自分を責めることに比べれば、遥かに良いと思います。(自分を責めまくれば、心が弱くなり、ルールを破るトレードしかできず、負けまくることになります。)

そして、、、

たくさんポジポジ病を経験し、小さな精神的な痛み/負荷を繰り替えし、体験することで、だんだんと、ポジポジ病の症状が減っていくでしょう。

目に見えなくても、経験値は溜まっており、気がつけば、直っていることになるかもしれません。

というわけで、、、

ポジポジ病は、大した問題ではありません。
ポジポジ病だからといって、あなたが、負け続けるというわけではありません。
ポジポジ病をたくさん経験していくことで、あなたは、ポジポジ病を克服できるようになっているんです。

だから、、、

ポジポジ病でも大丈夫。
全く問題ありません。

たとえ、負けが増えても、それらの経験を通じて、あなたは、着実に強くなっているんです。
そうやって、一歩ずつ、あなたは勝てるトレーダーへの道を歩んでいるんです。

大丈夫ですからねー。